【レトルト苦手も認めた】在宅ワーク/共働きのオトモ弁当

後悔、洗面所のタイル貼りの6年後

わが家の洗面所は、独立洗面所です。

サイズは0.5畳しかありません。

けれど、この0.5畳に大きな後悔ポイントが。

タップできるもくじ

設計通りの思い描いた通りの使い方

当時流行ってきてたウォークスルーできる玄関収納は採用せず、シンプルな壁収納の玄関から隠れるように洗面を設置。

この位置がとても快適で、帰宅時の手洗いうがいはもちろん、写真右手は回遊できるファミリークローゼットなので、コートや準備するときも◎

また写真左はトイレや浴室があるので手洗いにも使えるし(トイレにもついています)子どもたちは足を洗ったりできるので動線もバッチリ。

玄関収納の中身はこちら。5人家族の靴は90cm幅で充分でした。

来客も使うから綺麗にしたいけど…

濃紺のタイルをメインにしています。

一見普通の洗面所。

シンクは実験台シンクで、水栓はグローエ。

歯ブラシホルダーはtower(レビュー)です。

しかしアップにすると、

ここは手洗い後のタオルの下。

ポタポタ垂れる水と、目地に入って取りにくいホコリで残念なことに。

そしてお腹あたりにくる部分は、

ここも汚れが。

ここのパッキンはまだ良いのですが、角がこのような形↓

これは普通なのかな?

そういえば建築時にタイル貼りしてた方が「難しいなぁ」と言ってたので、処理的に難しいのかも…。

きわめつけは水栓の根もと。

滴れるからすごいことに…。

しかもここって普通の目線からだとあまり見えないので気づいたときには遅かった。

次に建てるときは私ならこうする!

  1. タイル貼りは絶対やらない。特に平面(立ち上がり壁は大丈夫)
    1. 造作はせず、既製品のつるんとした掃除しやすいメーカーものにする。
  2. やりたいならテクスチャーのある素材を選ぶ
  3. どうしてもどうしてもやりたいなら掃除しやすいタイルに
    1. 目地は絶対防カビ・防水
    2. 壁出し水栓

テクスチャのある素材がほしいなら、フロアタイルやクッションフロアの屋外にも使えるタイプか、セラミックのような石を選びます。

石だと割れの可能性もあるので、撥水加工した木もありかも。

デコボコがなければリメイクシートもあり

めこ

掃除の面で解決しないなら…、次は造作はしないと思います。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ウッドワンキッチン7年目のキッチンメインに家を建てたヘンタイ。子ども3人(1.5.7才)フルタイム。植物に癒やしを求めて200種類以上。

コメント

コメントする

タップできるもくじ
閉じる