まるでインスタのおしゃれ宅!リノベ・リフォームならココ! 無料で資料請求してみた

【無料資料請求してみた】リノベ不動産は無理な営業なし!おしゃれでコストが抑えられるリフォーム・リノベーション会社

こんな疑問を解決します!
  • リノベ不動産ってどういうところ?
  • リノベ不動産への資料請求で営業はない?
  • リノベ不動産の施工例が知りたい!

まだまだ新築が多いものの、今熱いのが中古物件を購入してリノベーションをして住むという選択肢。

リノベーションは、中古物件探し/資金調達/物件購入/リノベーション設計デザイン/施工/インテリアと、長くそして多くの工程を挟み入居となります。

特に施工では会社をまたいで依頼するため、引継ぎや連携をしっかりする必要があります。

新築では大手ハウスメーカーやデザイン事務所などに一貫して頼むことは可能ですが、中古となるとハウスメーカーや工務店では実績が少ないことが多いです。

そして、リノベーション専門で一貫して担っている会社も少ないのが実情。その数少ないリノベを一貫してアフターフォローまでやっているのがリノベ不動産です。

めこ

公式サイトがめちゃめちゃおしゃれで資料請求したのですが、無理な営業が一切ありませんでした。

この記事では、持ち家のわが家が資料請求した際の印象、リノベ不動産の施工例をご紹介します。

この記事のざっくりまとめ

  • リフォームからリノベーションまで幅広く対応可能
  • 土地探しからアフターフォローまで工程を一貫管理
    • それぞれの工程で頼むより安くなる
  • 何と言ってもインスタで見かけるようなオシャレ
  • 電話対応の方がとっても気持ちが良い
    • 元気・即答・なんでも聞ける雰囲気で相談に乗りやすい
  • 資料請求では内容確認のため営業の電話はあるが、ガッツリでは全くない
  • 女性コーディネーターが多く在籍し、こちらの話をしっかり取り入れてくれる。

\ 資料請求が無料

時間がかかるリフォームは早めのご相談を

気になるもくじをタップ

持ち家で資料請求した感想

いただいた資料

わが家は持ち家です。

新築で計画するときには予算の都合上後回しになってしまったロフトを寝室に作りたいと考えています。夫のこもり部屋にしたい。

リノベ不動産は一部のリフォームも出来るため、持ち家でも相談OK。

公式サイトから、資料請求するとすぐに電話が。元気な挨拶と共に女性は名乗り、大まかに現在どんな状況か、今後の予定などを聞かれました。

リノベーション自体初めての私からの質問に、その場にいた工事監督に聞いたりしながらその場で即答していただけ、安心しました。全体を通してとても気持ちのいい対応という印象を受けましたね。

めこ

窓口になる受付の方の印象ってめちゃめちゃ大事ですよね!

情報集めの段階でも気軽に相談ができた

実はロフト以外にも、キッチン背面収納・洗面台のタイルをやめたいなど、期日は決めてないけどやりたいことがたくさんあります。

そのため電話の際に「〇〇をしたいのですが、まずは情報集めをしています」と素直にお伝えしました。

すぐにお考えでなくても、見積もりなど取れますので、お気軽にどうぞ^^

とおっしゃっていただけたので、安心して相談できました。

不動産関連にありがちな「契約とってやろう」というスタンスは全く感じられませんでした。多少の営業はあるだろうと身構えていたので、正直おどろきました。

こちらの相談にも、イヤそうな声を一切せず回答。(声色でわかりますよね)

それよりも、考え始めの私にとってリノベ不動産側でしかわからない、工期や防犯面などとても有益な情報をいただけたので、タイミングを考えるいいキッカケになりました。

子どもが小さいことを伝えると、工事の時間を気にして周りの工事関係者の方へ工期を聞き込んだりもくださいました。

資料請求用とは別にカスタマイズされて届いた写真集

資料お送りしますね!参考になさってください^^

厚みがある冊子で読み応えバツグン

無料請求した資料は上記の3冊になります。

施工事例やリノベーションのノウハウ、抑えるべきポイントなどリノベ・リフォーム前に読んでおいて損はない内容でした。

実は、お電話で私が行いたいとお伝えした、ロフトの施工事例を別封筒でたっぷり送ってきてくれました。

送っていただいた素敵な写真の数々

ロフト以外にもぽろっと出た悩み中の洗面所の写真もありました。テイストが違うものもあり「どんなロフトにしよう♪」と検討段階中のわが家には大変ありがたかったです。

良い会社は、営業せずとも口コミや対応の良さで自然に集まります。

いざ「リノベ(リフォーム)しよう!」となったときに、まず候補にあがるのは営業担当と相性が良かったところ。

めこ

わが家を建てるとき数社から間取りプランをいただいた後の決め手は、営業担当の営業トークでない人柄部分に「この人に任せたい」と思いました。

冷やかしの問い合わせはもちろんNGですが、資料請求をすることでヒントがもらえます。

・新居を中古・新築で迷っている
・リフォーム/リノベどちらか分からない
・オシャレな事例を見て想像を膨らませたい
・いつかは決まってないけど、ざっくりとした値段が知りたい
・相見積もりをしたい

※この後数か月経ちますが、営業の電話は来ていません。

リノベ不動産の利用者の評判

リノベ不動産のお客様インタビューからピックアップして紹介します。

どれも家づくりする方には参考になります。

下記タップで目次までジャンプします。

リノベ不動産の良いところ・気を付けるところ

お客様インタビューに載っている声からピックアップしました。いずれもわが家と同じ感覚のようです^^

\ 良いところ /

  1. 他社の営業さんは電話攻撃が凄くて嫌だなと思っていたが、リノベ不動産は柔らかい物腰で押し売り感がないところが好印象だった。
  2. 女性ならではの柔らかい感じがあって、『これなら押し付けられなそう』と安心感
  3. 女性ならではのデザインや収納の提案をしてくれる。
  4. コーディネーターがすごく親身になって話を聞いてくれたため安心できた。
  5. 過去の建築事例もたくさんあり、オシャレで参考になる。
  6. 『ここはこうしたらどうですか?』と最初から熱心に提案してくれた。
  7. デザインや設計でこちらの意見をしっかりと取り入れて、合ったものを提案してくれるから、一緒に作る感じが良かった。

\ 気を付けるところ /

  1. 予算ははじめにきちんと伝える
  2. プランは慎重に決める
    • プランにより打ち合わせの回数が決められている場合、思ったより時間が無い場合も
  3. 一貫性で時間がかからないとはいえ家づくりは時間がかかるもの、しっかりと完成イメージを伝える
  4. コロナ禍でオンラインでの打ち合わせでイメージが掴みにくかった
    • デザイナーがイメージパースを描いてくれたため進められた
  5. 営業されないので気になったら自分からアプローチする

リノベーションの費用は250万円~と言われています。

その中でもローンは、住宅ローンと、リノベーションローンの二つあり費用総額によって選択肢が変わりますのでわかりづらい方でもその提案もしてくれるので安心です。

\ ローンの目安 /

スクロールできます
住宅ローンリノベーションローン
金利低金利(0.4%~)高金利(0.9%~)
借入期間30~35年最長15~20年程度
借入可能額500~1億円程度10~2,000万円程度
審査の難しさ難しい・多い少ない・スピーディーな融資が可能
ほーむずさんち調べ

リノベーション時の反省点

コンセントの位置。ほとんど変えてないけれど住んでからなぜここに?と気づくことも。

3回の打ち合わせで決めるスケジュールだったので、もう少し考える時間が欲しかったかな。当時は当時で考えたので、後悔はしてません。

動線に合うドアの向きに出来なかったこと。ドアの向きで通路から窓越しに誰かがいることがわかるような状態です。ここはさすがに盲点でした。

強いて言えば、もっとエリアを検討しても良かったかな。

壁のつなぎ目の色に合う建材がなかなかなくて、つなぎ目をどこに持ってくるのか考えたけど、もう少しずらせば良かったと思う所がある。

先ほども伝えましたが、コロナ禍だったからこそ、すべてがオンラインでの打ち合わせでイメージが掴みにくいこともあったとの意見も。

しかし、担当デザイナーがインテリアパースを描いてくれたりし、目に見える状態にしてくれたためスムーズに安心して進められたとのこと。

リノベーション時の予算の使い方

メリハリのある予算のかけ方をすることで、上手にやりくりされている方のコメントを多く見かけます。

\ 予算をかけた場所 /

  • 長い時間過ごす場所
    • 特にリビングはインテリアを楽しむというテーマがあったので重点的に変えている。
    • LDKは重点的に変えた
  • 自分がこだわりのある場所
    • フルオーダーの引き戸
    • キッチンのコンロ
    • 玄関は広々と など

\ 予算をかけなかった場所 /

  • 建具や浴室・トイレは十分きれいだったため、そのまま活かした
  • 寝室は寝るだけ、ベッドが置ければ十分。
  • 壁を壊すとお金がかかると聞いたため既存の状態をなるべく残した
  • 部材は一個ずつメーカーから見積もりを取り寄せて比較検討
  • 本当はハイドアにしたかったが、高くなるため少し低い既製品を選択
  • 今すぐ変える必要がないキッズスペースはそのままに
  • 棚板は後から付け足すことができるため今必要な分のみ
  • 引き戸の透明な部分はガラスではなくアクリル板にした。(軽い・安い)

例えば、キッチンもリフォームであれば、単に同じ場所に同サイズ程度のキッチン本体と設備を導入するだけです。

一貫して行うリノベ不動産であれば、造作をくわえたり不要な壁を壊して閉鎖的空間からリビングが見渡せる開放的な空間にすることだってできます。

キッチンであれば、もともとのカスタマイズ性の高さと、木製キッチンのため造作しやすいウッドワンキッチンを見てみてください。

めこ

木製キッチンだからと言って、傷がつきやすい・シミが出来るといった心配はご無用です!

キズや打痕が心配であればパイン材より硬い「オーク」や「ウォルナット」「メープル」を選ぶと傷つきにくくなります。

実際、わが家は多少こぼれてもすぐ拭くことはないほどのズボラです。洗濯だって畳みたくないからドラム式洗濯機を購入しました。

それでも導入して7年間シミが一切ない。特殊なウレタン塗装ありがたすぎます。

→ わが家のウッドワンキッチンは7年目ですが、シミは一切できたことありません。

※ショールームの担当の方が言うには、スイージーが出来てから十数年、シミのご連絡(苦情)を受けたことはないそう。

取材をさせていただいたsami_houseさんのお宅はオーク材で4年ですが、こちらもシミはなし。しかも硬いオークだからか打痕もありませんでした。

リノベ不動産の施工例

何点かリノベ不動産のお客様インタビューからピックアップして参考例を紹介します。

下記タップで記事内のもくじへジャンプします。


出展:リノベ不動産

テーマは時短&家事ラク、機能とデザインを両立した2LDKにリノベーション

■リノベ費用:約1,300万円(購入当時:築18年)
■四人暮らし|85.74m2|3LDK→2LDK

グレーと黒を基調としたモダンで落ち着いたテイストながら、温かみのある照明で居心地抜群。

見た目の美しさと、家事動線を両立させた事例です。

3LDKから2LDKで和室をなくしLDKを広げ、独立していたL字キッチンをウォークインクローゼットにし、LDK全体が見渡せる位置に。

隣にダイニングテーブルを持ってくることで、運ぶのも片づけるのも動きが少なく済みます。

キッチン以外にも玄関は、すぐに廊下だったのを寝室を狭めてホールを作り、広々とさせたことで、帰ってくるのがウキウキするようになったとのこと。

壁のボックスはデザイナーさんの提案。

LDKの隣の室内窓が特徴のワークスペースは、子どもが勉強しているか見える&リビングから完全に遮断はされていないため繋がりを持てるのが嬉しいとのこと。

今は、家族の団らんを重視して子ども部屋を小さくして、リビングを大きくするのが主流になりつつあります。

そしてリビング学習も多くの方がとりいれている間取りになります。

めこ

程よく親から見えつつ、子どもが机に向かって集中できる場所があるとすぐにやれる環境はいいですね。

ビルを丸ごと一棟リノベーション

■リノベ費用:約2,500万円(昭和41年築)
■80坪4階建て(4F+RF)

下層の事務所と、上層のオーナーの自宅が内階段で結ばれているため、構造的にフロア貸しが難しい物件。

奥に行くほど広いL字で、階段を奥に動かしたり、間仕切りをガラスにしたりして、車の置き場所や採光を確保しています。

バルコニーは木製ルーバーで囲んで周囲の視線を遮っているため、焼肉やお好み焼きを楽しむこともあるとか。
屋上の階段室は、洗濯機置き場+浴室としています。

「年をとって階段が多い生活が厳しくなれば、またその時に考えればいい」という柔軟さは都会ならではかもしれません。

間取りを生かし予算を抑えてインテリアに

■リノベ費用:約800万円(購入当時:築12年)
■夫婦・子ども二人|85.70m2|3LDK→3LDK

元の間取りが良かったところを購入し、その分をインテリアに寄せて自分好みを叶えました。

物件の決め手でもある間取りを最大限活かし、LDKを広げ。

LDを広げるために洋室(もと和室)を少し狭めていて、建具も使えるものはそのまま活かしています。

収納の工夫点は、固定棚だそう。

リビングとつながった空間ですっきりさせるために、オープンにして見せる収納に。

収納も最初からある場所をそのまま活かしています。

まずは事例たっぷりの無料資料請求をもらおう

拠点数は200を超える

2020年度「中古仲介+リノベーション」のワンストップサービス市場において年間455億円を達成し、市場シェアの37.6%を獲得し、No.1を獲得。

リノベ不動産は、「中古を買ってリノべーション」という買い方の提案だけではありません

幅広く、買ってそのまま住むことができるリノベーション済み物件や、築浅の中古物件の紹介、更には新築建売住宅や物件購入を伴わない持ち家のリノベーションまでもOK。

予算やライフプランに合わせて、フィットした理想の住まい作りを提案してくれます。

めこ

実際わが家は持ち家での相談でしたが、親身に相談に乗ってくれました!

→ 資料を請求する

資料は、オリジナルカタログ一式の、事例集、ブランドブック、家の買い方ガイドなどを無料で送っていただけます。

電話いただいた際に、リフォームやリノベしたい所を伝えるとリノベ不動産で行った写真も送っていただけます。

\ 子どもがいる世帯への提案も得意 /

時間がかかるリフォームは早めのご相談を

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

気になるもくじをタップ