ビカクシダ/ヴィーチー

植物の生長記録
この記事は約2分で読めます。

ヴィーチーの成長記録。

スポンサーリンク

ビカクシダ『プラティケリウム ビーチー』とは

ビーチー、ヴィーチーとも呼ばれるビカクシダ(コウモリラン)の品種で大きくなると葉が長く切れ込みが深く細くなります。さらに葉の色が白銀色がかってくるのが特徴です。耐寒性は他のコウモリラン同様10℃以上は保ち、真夏の暑さに若干弱い性質があります。

スポンサーリンク

私の育てている環境など

家の中だったり外だったり、はたまたガンガン日の当たるところだったりと様々な場所をその時により変えています。

冬は家の中の東向き窓の近く、春から秋は基本戸外です。雨が降らず株を板ごと持って軽ければシャワーをザーッとかけています。

風はあまり強いと葉が擦れて痛むため、風通しは良いとこですが風が通り抜けるほどの場所には置いていません。

↑それはそれでワイルドで格好良いんですがヴィーチーは中々白美人なので綺麗に育てたいからです。

スポンサーリンク

成長記録

2017年7月板付に

ネット購入品。オーストラリア産3号ポット(全長10〜15cm前後)で到着しました。憧れの板付に挑戦しました。

2018年ヴィーチーは赤ちゃんをそろそろ卒業か?

ヴィーチーは育ちましたがもうひとつ購入していたグランデは管理不足によりおなくなりに…。

【2021年5月】冬越し成功&胞子葉が伸びてきた?

試しに戸外の東向きに置いて冬を過ごしました。海の近くの暖かい地域なのでギリギリ越すことが出来たイメージです。雪の日が何度かありましたが大丈夫でした。

春の終わりかけ、暖かいのと梅雨に入り雨が多いので、新芽が出てくるスピードが早いですね。

板付したときのワイヤーが切れてしまったので直さないと…。

スポンサーリンク

✔随時更新します

コメント