【レトルト苦手も認めた】在宅ワーク/共働きのオトモ弁当

アジュガの品種による違い/蒸れに対する強さも違う気がする

アジュガは密集して育つ葉は、雑草をおさえてくれるグランドカバーにもなり、ランナーで広がって伸びていくので生育旺盛。3~4月に咲く花も鮮やかなすがすがしいブルーからピンクまで品種も多い。

南の庭にはアジュガがたくさん植わっています。お迎えしてから4~5年以上経った品種まであり、観察していて気付いたことがあります。一概に強いアジュガといっても違いがあるようです。

その中でも品種名がわかるものを4種類見てみます。

タップできるもくじ

斑入りからチリチリの葉まで

花が終わりかけの4月中旬です。

この4種類は左から「バニラチップ」「メタリカクリスパ」「ゴールドライム」「チョコレートチップ」です。

バニラチップは斑入り葉がなくなる

シルバークイーン・バリエガータとも言います。

バニラチップは斑入りの葉に明るい内側から光るようなブルーの花色が美しいです。花がない状態でも斑入りの葉で目を楽しませてくれます。

…が、

斑入りの葉はどこ!?って感じです。

これはバニラチップが植わっているところはほとんど緑の葉になってしまいました。

よ~く見てみると、

ちらほらとまだ斑入りの葉が残っているゾーンもあります。放置していると、先祖返りの緑の方が強いので、あっという間に斑入りがなくなってしまいますね。

それを防ぐには“緑の葉が出てきた株は間引く”ことが大事。

早春になるとランナーを伸ばし、その先にも花を付けますので、ランナーを出したその先に緑の葉を付けたらカットです。

このバニラチップは、日向にありますが西日は当たらないところに植えています。特に蒸れに弱いという印象はありません。

アジサイの周りもぐるっと上手にカバー

メタリカクリスパは黒いダイヤ

メタリカクリスパ(モコラ)はバニラチップより2年後くらいにお迎えしたものです。

ほとんど日のあたらない湿った倉庫の前に植えているので、まだ小さいですね。

濃い緑色のその葉は、

他の品種に比べると縮み葉が特徴的です。

この品種は、日向に植えるとその名の通り≪黒いホタテ≫のような葉が帆立貝のような形をして黒い光沢を持ちます。わが家のように日陰に植えると緑を帯びます。

品種の特徴として葉に近い場所で紫の小花をつけます。

めこ

もうちょっと勢いよく広がってほしい~

ゴールドライム

ゴールドの葉にピンクの葉が珍しいタイプです。

このゴールドライムは、他の品種に比べて、葉も花も大きく一株の横幅が結構あります。

私の手と比べても大きさが良く分かります。

新しい葉の美しい黄色はハッとさせられるほど。

このゴールドライムのラベルなどにない情報として、ちょっと蒸れに弱いイメージがあります。

めこ

蒸れに対しての強さは私の感覚ですが、株を整理していないと数年に一度グッと減りますね。減ったり増えたりを繰り返して少しづつ広がっています。

チョコレートチップは優秀

チョコレート色の細葉が特徴的なチョコレートチップ。

この株は密集していた場所にあったので、

今年の花の量の多さよ

チョコレートさが少しありませんが、先端が丸く茶色の葉はとても可愛らしいです。

チョコレートチップはこの4種類の中でも生育旺盛で、上の写真は4年ほどほとんど手入れしてません。それなのに蒸れもなく花も上がり、グランドカバーとしてもしっかり雑草を押さえてくれています。

わが家の条件下ですが、西日が当たる場所でも大丈夫です。

あまりにも生育旺盛なので、鉢植えで植えていたらぶら下がったランナーの先にも花をつけるほど元気。

黒いチューリップや、食用としてもOKな茶色の葉脈が浮き出た(名前忘れ)ものと色あいが似ているので合います。

他の場所や、北側にも植えているほどどんどん増えているチョコレートチップ。

地下茎ではなく、地上部にあるランナーで増えるので、間引くときは簡単なのも魅力的なアジュガです。

品種まとめ

これまでの4種類をまとめます。あくまでも粘土質のわが家の環境で…ということをご理解ください。

  • バニラチップ
    • 斑入りで鮮やかなブルーの花
    • 斑入りは無くなりやすいので緑になってしまったものは間引く
  • メタリカクリスパ
    • 黒く光沢のある縮れた葉
    • ちょっと広がるのがのんびりか
  • ゴールドライム
    • まぶしいほどのゴールドの葉にアジュガに珍しいピンクの花
    • 他の品種に比べて大きめ
    • ちょっと蒸れに弱い
  • チョコレートチップ
    • アジュガの中でも特に生育旺盛
    • チョコレート色の細い葉で先端が丸っこい
    • 蒸れに強い

アジュガは野生の芝が蔓延る庭でトップを争えるほどグランドカバーとして活躍してくれているとっても大事な存在。

この子たちを植えているところは、雑草がほとんど生えていません(イネ科は出てきます)。

ギボウシほどではありませんが品種は様々で、しかも日陰から日向までOKと万能な選手はこれ以上に居ないと思ってます^^

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ウッドワンキッチン7年目のキッチンメインに家を建てたヘンタイ。子ども3人(1.5.7才)フルタイム。植物に癒やしを求めて200種類以上。

コメント

コメントする

タップできるもくじ
閉じる