◇男前グリーンのコウモリランに新入り、板付けに挑戦!

植物を増やす
この記事は約4分で読めます。

植物好きです。

水やりが苦手で、
庭だと地植でほぼ天気にお任せできるので、
好きだ!と思ったものをどんどん
植えられます。

室内だと土入りの鉢を
移動させての水やりが
思ったよりハードルが高く…。

生き物なので、
枯らしたり根腐れなどで
バイバイすることになると思うと
なかなか決断できません( ;∀;)

室内にあるのは、
ほとんどチランジア。

(観葉)エアープランツ ティランジア ドーラティ(1株)

エアープランツ【チランジア】キセログラフィカ Mサイズ(15〜17cm前後)【大型商品との同梱不可】

 

これのひとつ小さいSMサイズを持ってます。

チランジア(エアプランツ)は
土が要らないので移動がしやすい。

更には主な水やりは霧吹き。
足りないなと思ったら
ドボンと水につけてもOK 。
ハードル低くわたし向きです(*ノ´∀`*)ノ

チランジアは輸入時は
根っこが切られてくるのですが、
我が家にきたチランジアさんたち、
最近根っこ出てきて更に可愛いです♡

エアープランツ【チランジア】ストレプトフィラ Sサイズ【サイズ5〜7cm前後】【大型商品との同梱不可】
エアープランツ【チランジア】ストレプトフィラ Sサイズ【サイズ5〜7cm前後】【大型商品との同梱不可】
スプレプトフィラは
水が欲しい時はクルクルと葉がまるまるので、
分かりやすくて◎

これのRサイズを持ってます。
サイズ違いで売り切れていることも
結構あるので、
欲しいサイズがあるなら
決断は早めが良さげ。

そんなわたしが…
ずっと欲しかった室内グリーンをゲット(* ´ ▽ ` *)

購入したのは、
ビカクシダ(コウモリラン)の赤ちゃん。

【希少】ビカクシダ ヴィーチー【ビーチー】 3号ポット【全長13〜18cm前後】【コウモリラン】【大型商品との同梱不可】

 

大人になると胞子葉に細かい毛が生え、銀色に見えとっても美しい。

【希少】ビカクシダ グランデ 3.5号ポット水苔植え【全長15cm前後】【コウモリラン】【大型商品との同梱不可】

 

貯水葉を手のように伸ばして大きくなる品種。
胞子葉はある程度大きくならないと出ない。

どちらも希少品種らしいです。

まだしっかり品種らしい姿ではなく、
ポット苗に入って来ました。
指の第一間接くらいの大きさの
軽い土の粒?がたくさんでした

苗のままだと管理がしにくいし、
本来は樹や岩などに着生する植物なので、
水ゴケで板付けします。
部屋の中に土が落ちる可能性がないのも○

板付けは初挑戦\(^^)/

流木付けにしたい方はこちらをご覧ください。

_____________________________

 

〈材料〉
・焼桐板やひのき(セリア)
・水ゴケ(セリア)
・テグス(ダイソー)又は麻ヒモ、又はビニールヒモなどの紐

〈工具〉

・ガンタッカー(無くてもOK)
・キリ(今回は三角錐)
・ノコギリ(必要に応じて)

葉が大きなビカクシダは、ホームセンターで購入したビフルカツムで、鉢植え→板付けへします。

わたしの手順です。
ネット検索しまくったオリジナルになるので、
参考程度にお願いします。

1.板を好みの大きさにカット。

2.ビカクシダが着生しやすく、
風通しが良いように、
キリで何ヵ所か穴をあける。

(参考/趣味の園芸より)

3.壁掛けする為のワイヤーを通す穴をキリであける。
後から直しましたが、
間違えて1つだけにしてしまいました(2つ穴のが板への負担が軽いです)

4.水ゴケを水に浸してふやかしておく。
チクチクするのでご注意

5ポット苗の土を落とす。

 

▲赤ちゃん苗なのに、根っこがすごい!
ブチッとしてしまった所も(/´△`\)

6.水ゴケで根を包む。
少ないのも問題ですが、
多すぎると乾くのに時間がかかるため、
根腐れの可能性が高くなるそう。
(参考/趣味の園芸より)

目安量は次に出てくる
丸い形の貯水葉が
水ゴケを囲えるか囲えないかくらいに。

7.紐(今回はテグス)をタッカーで留める。

新芽を傷付けないように。
貯水葉をテグスで留めるのが普通ですが、
まだ貯水葉が綺麗な緑色のため、
展開中かもと思って、
根だけを固定させました。


ホームセンターにありました♪
いつもの係のおじちゃんが、
うちのオリジナル買うよりこっちだわ。と。
それでいいの!?

タッカーがなければ
板にぐるぐる巻いてもOK。
タッカーのが紐が目立たず綺麗にできます。

8.壁掛けのワイヤーを取り付ける

完了(*´∀`*)!

わたしの場合は
材料費、一つにつき200円くらいかな?
安い\(^^)/

キリとタッカーを買ったので、
工具は1,600円ほどの出費でした。

________________________________

 

テグス、タッカーで行ったので、
綺麗に見えます。

 

水ゴケ…盛りすぎ?
100均のセリアの水ゴケひとつで
板付け1.5個の量でした。

写真はないのですが、
裏面には、板が壁へ当たる際の緩衝材として、
ゴムマットを切って貼り付けました。

 

全体像を見るとこんな感じです。

 

▲現在の玄関土間からリビング方面を見ると
(扉が東に面していて、尚且つ直射日光が入らない場所)
素人丸出しな合成ですみません(-_-;)

グランデは、
赤ちゃんで葉の出方(上下)が
確定してなかったので、
しばらく育て、方向がわかり次第
板付けにします。
グランデは右上の小さい苗↓

スポンサーリンク

その後の成長記録

コメント