【食品庫公開】共働き家庭や、買物の回数を少なくしたい人に、“前開き冷凍庫のススメ”

スッキリ暮らす
この記事は約6分で読めます。

防災の日に食料品の備えがなかったってお話をしたのですが、育休になり常温・冷凍庫のストック品が少なくなってたので、その見直しがてら満タンに。

この記事を読めば以下のことがわかります!

  • 前開きの冷凍庫で、どれくらい入るの?
  • どのサイズ買えばいいか悩んでる!
  • 使用している人の使い勝手や買ってよかったのか知りたい!

実際ホームズ家で使っている状態を見て参考にしてください(^^)

夫からパンを冷凍してもいいの?なんて言われてたあの頃(2017年)☟が懐かしい。

今では「冷凍庫にパンないよー買おう」とパンは冷凍庫にあるものだと認識してくれてます^_^

スポンサーリンク

前開き冷蔵庫のメリットとデメリット

どんな冷凍庫にしてもあったら便利だなと思うのは下記の方たちです。

  • コストコや業務用スーパーに通う人
  • 買い物の回数を減らしたい人
  • 家族が多い家庭
  • 食べ盛りのお子さんを持つ家庭
  • 全国三分の一を占める共働き家庭

主婦の時間は安くはありません。

掃除ロボットや、乾燥機もそうですが、

何度も行く手間や時間、交通費を考えたらすぐに元は取れます。浮いた時間は有効活用しましょ。

その中でも迷うのが“形”ですよね。下に前開き冷凍庫のメリットとデメリットを書き出しました。

【メリット】

  • 上から入れないので、上部スペースが不要
  • 前面扉は引き出しタイプが多く分ける収納をしやすい
  • 扉を開ければ中身がだいたい見わたせる
  • 上に物が置ける

【デメリット】

  • ものにより大きなものが入れづらい
  • 前面にスペースが必要
スポンサーリンク

冷凍庫の置き場は東向き勝手口のすぐ近くのパントリー

マイホームを計画するときに、パントリーに冷凍庫置き場を作ってもらってもらいました。

すぐ右に勝手口があり、外は車の駐車場所。とても便利な位置です。

パントリーのWEB内覧会はこちら⇩

WEB内覧会のときは空白だったここに、冷凍庫が入りました。

2018年わが家の仲間入り

「ハイアールの前開き式冷凍庫」です。

前面にタッチ式が採用されており、上板耐荷重30kgまでモノを載せることが可能です。ただし電子レンジのタイプよっては置けない場合があります。

ピザを焼いたり、パンをホームベーカリーで焼くので1㎏の強力粉がドンと上に乗っかています。

コストコにも同じモデルが売られていましたね!

スポンサーリンク

冷凍庫のサイズは?電気代って変わったの?

この冷凍庫の外寸サイズは、以下の通り。

  • 幅:502㎜
  • 奥行:598㎜(備え付け時は698㎜を確保しておく)
  • 高さ:1,175㎜

容量は138Lで食材を置ける量は88Lが目安となっています。冷気強制循方式が採用されているので、自動的に内部部品の冷却器の霜取りをしてくれます。その点手間がかかりません。

気になっていたランニングコストの電気代、

他のエアコンをつかったりしたときの上昇から比べるとそれほど変わりがないというのが正直な所かな。

ちょっとは上がったけどね。

カテエネでグラフを見ても数百円の違いが出てるかな?って感じでした。

 実際に計算してみると…

公式サイトの年間消費電力量は370kWhとなっており、電力の契約内容にもよりますが、1kWh23円とすると8,510円/年という計算に。月に換算すると709円冷蔵庫450Lで270kWh/年のモデルだと517円。冷凍庫は冷蔵庫より冷やす必要があるので消費電力が高くなります。

別の例を挙げると、エアコンの18畳ほどの20年モデル(スタンダード)では年間2,200kWh、季節関係なく12か月で割ると約4,000円/月となります。

この比較から、ランニングコストを高いと感じるか安いと感じるかはそれぞれの価値観ですが、一度その便利さを手にしたホームズ家では、なくてはならない存在となっています。

スポンサーリンク

5人家族でフルタイム共働きの中身を見せて

すでに使用してから3年目になります。

右開きの扉を開くと

上部に引き出し、2段目からは立ち上がりのある4段の引き出しの構成です。扉の内側は薄いポケット。

薄いポケットには冷凍で購入した時の付属品(餃子のたれや雨だれなど)を入れたり。

今は残り一つになってしまった、青森のソウルフードの「ねぶた漬け」が入っています。

これ、夫が大好きすぎて置いてあり大事に大事に食べてます 笑

何杯でもご飯が食べられるごはんのおともに最高。数の子のパリパリ、昆布のねばねば、大根のシャキシャキ。まんべんなく食べたいために折角の大きめな数の子を小さく割って食べるわが家(*’▽’)

250gが4つのパックに分けて入っているので数日で食べきれるサイズです。

1段目:なんでも大きめのもの

今は野菜の冷凍品。大体は1㎏ポテト、チーズ1㎏が入っていますね。あまり行き場のないサイズのものをドンと置く場所になっています。

コストコの大きなかさばるものを入れたり、天井が高いので冷凍ケーキの置き場にも使います。

※ここが冷凍庫の中で一番高さがあります。

2段目:朝ごはん用のパン

パンや肉まん・作ったパン類を冷凍しています。朝は簡単にパンで済ますことが多いため、一段まるっと使用。冷凍すれば日持ちするので、パンは基本的に〇%オフのものが多いです。ものによりますが菓子パンだと20個ほど入ります

3段目:お弁当用の冷凍食品

毎日夫婦はお弁当なので、前日のとりわけ分や卵焼きを入れて足りない所などは、つけたしに便利な冷凍品を使っています。11から12袋ほど入ります

お弁当は冷凍品だけの時だってありますが、これだけあれば困る事はありません。

左上の餃子は最近近くにできた「雪松餃子」パックの半分。ニンニクたっぷりでお弁当に入れるのは中々勇気が要りますが、夕ご飯などでガツンとしたものを食べたいときに。

4段目:自宅で食べる冷食(パスタやラーメンうどん)

シンプルなパッケージで一躍有名になったコスモスのプライベートブランドシリーズの「稲庭うどん」や、鍋一つで出来る「ラーメン横綱」、チンすればできるピザ・鴨南蛮そば・パスタなど。この時点で11食入っています

休日の昼や、草抜きしてへとへとで作りたくないときに重宝します。

5段目:アイス

奥行が浅い段になるので、箱アイスを買ってはザっと入れてあります。箱アイス4箱くらいは入りますね。

すぐになくなるので丁寧に入れる必要はなし(^^)

スポンサーリンク

参考になりましたか?

始めはあれ?意外と量入らないかも…と思いましたが、ガッツリ詰めるとかなりの量が入ることがわかりました。

常温ゾーンと合わせて上手く使って行きます。

コメント