夫婦オベサ、綴化なの?稜がおかしなことに…

植物の生長記録
この記事は約2分で読めます。

以前購入したユーフォルビアの刺無球形種の夫婦オベサの雌株が変なことに…。私の育て方が悪かったのかなと思いショックを受けましたが、そうでもない可能性が。

今後もチェックしていきます(*’▽’)

スポンサーリンク

【2018年3月】購入当初はまん丸で美しい稜

夫婦オベサを購入しました。

小さい黒プラ鉢が雌株で濃い緑とピンク色がかった所があり、大きな方が雄株でどちらかというと優し気ないろあい。

オベサは雌雄別株のため、種をとりたい場合は、両方の株を用意する必要があります。購入時、花が咲いていたので、雌株、雄株が見分けられ、二つともお迎えすることに( *´艸`)

この時は、稜は8方向に綺麗に出ています。

スポンサーリンク

【2021年3月】若干崩れてきた?

管理場所は、年中二階の南向きまど・カーテン無し。横一回り、縦に3cmほど生長しています。

暖房も冷房もないため過酷な場所で育ってくれています。下の方が木質化してきているので水分が少なめかもしれません。

スポンサーリンク

【2021年10月】稜が崩れているのがはっきりわかる

病気?ではないのかな、水が足りな過ぎておかしなことになったのかな…?そんな焦りがでてくるくらいの姿です。

ユーフォルビアは全くもって詳しくないので、ネットで検索検索…

結論として“綴化の可能性がある”ということはわかりました。子吹いている様子はありません。

これ、よく見ると生長点の真ん中から放射状に出ている稜を数えると、11稜あります(‘_’)

これが何を指すのかは不明ですが、ゆっくり育つオベサ、注視していきます。

コメント