雑草を押さえてくれるオススメのグランドカバー3つ*〈背丈10㎝未満〉

植物のチカラを検証する
この記事は約4分で読めます。

この記事の最後にありますリンク【21年版】〈背丈10cm以下〉グランドカバーおすすめ3選。惜しくもランクインしなかった5選も紹介

  •  

新築時、

ずいぶん悩んだ
グランドカバー。
 
わが家の庭は隣から侵入してきた
野生の芝が蔓延っていて
 
それに勝てるかどうかが問題でした。
 
 
雨の日には沼のようになり
沼に踏み入れたら最後。
靴が脱げ、
晴れたら地面が
バキバキになる粘土質。
くー!
大昔川が流れてたんよ…
地下4メートルまで柔らかい地盤 汗
 
 
そんなこんなで、
 
粘土質の土でも
土壌改良すれば育つお気に入りの
グランドカバーを紹介します
 
 
 
 
 
 
 
さぁーいってみましょ~
 
 
 
 
 
 
◇背丈が低い部門
 (10㎝未満)
 
 
 
 
 
 
 
第3位
クローバー
色んなおしゃれな品種が出てますよね♡
常緑なので、冬もグリーンを
目にすると癒されます。
 
 
根付くと勢力を
拡大する力が強いので、
管理できるところに植えます*
 
残念な点は隅っこなど、
行き場がなくなったのは
間延びして格好が悪いこと。
 
 
 

もさもさ!

 
 
やっぱりかわいい~

これはティント“ヴェール”

 

 
 
 
 
 
 
 
この間お迎えした

 

黒いクローバーも

粘土質×バーク堆肥の土でも大丈夫

 
なごみ クローバー ティントシリーズ 2.5号 ポット苗
ヴェール

草花の苗/クローバー:四つ葉のクローバー(しあわせ みぃつけた)3.5号ポット*
黒葉クローバー
四つ葉確率が高い
幸せのクローバー

 

第2位

ダイカンドラ
 
葉の形が丸っこくてかわいらしい。
緑の葉のもありますし、
シルバーの葉もあり庭を明るくしてくれ、
洋にも和にも合います。
 
蔓を伸ばして土のあるところなら
ドンドン伸びて行きます。
 
移植も簡単。
 
 
芝や、イワダレソウのように
レンガや敷石の上は乗り越えて行かず、
 
ちょっと伸びて根をおろしてから
また伸びるので
土を探しながら進む感じ。
 
お行儀が良い!
 
こちらも常緑ですよ♪

可愛い葉っぱ

 
 

シレネスワンレイクの隣で元気

草花の苗/ダイカンドラ:シルバーフォール3号ポット2株セット

シレネ ‘スワンレイク’
スワンレイクもかわええです♡
 
 
第1位
アジュガ
花が咲いた後にランナーを伸ばし
領域を広げていきます。
広げる時期も決まっているため、
 
年がら年中伸びる
上二つよりはのんびりです。
 
 
ですが、
日向にも日陰にも強いので
オールマイティーな存在♡
 
 
 
密に陣地を広げていくので、
広げたところは
草抜きがほとんど必要ないくらい!
 
 
 
品種もたくさんあり
冬でもカラーリーフとして魅力的。
背丈や色を選べますよ(*´∀`)♪
 
こちらも常緑です!
 
 
 
 
 
↓この場所
草抜きしてません

チョコレートチップ
日向に植えたものは
ちょうど花が咲き始めました♡
 
 
わが家には他にもバニラチップと、
イエローがあります
アジュガ ‘チョコレートチップ’
アジュガ ‘ゴールド ライム’
アジュガ ‘バニラチップ’ (シルバークイーン・バリエガータ)
アジュガ ‘グレイ レディ’

 

 
 
 
番外編〉
種を飛ばして、
周りに迷惑かけたくない!
 
って方は
クラピアk5をオススメ\(^^)

 

葉っぱが可愛いです

普通の
イワダレソウは種をつけますが
クラピアK5は
種をつけないよう改良された品種。
増やし方は株分けや挿し木です。
でもちゃんと花は咲きますよ!

 

爆発的な生命力で
ランナーを伸ばします。

ランナーは全てクラピアのもの

3月後半になって緑になってきました♡
 
 
葉と葉の間が結構ありますが、
すぐ埋まりますね。
 
 
ただ、ちょっと浮いていても
ドンドン伸びて
50㎝先で土を発見したら
根をおろすって感じで生きていけるので、
 
他の草花があると
飲み込んでしまいます。
 
 
 
また踏み圧があった方が綺麗に育つので、
クラピアオンリーで育てられて
踏み入れることが多い
広場みたいな環境が良いと思います
 
 
常緑ではないため、
冬はちょっと寂しい姿になります。
が、冬の間に整理できる
タイミングがあるのは良いことです
屋上緑化用イワダレソウ:クラピアK5 3号ポット

 

 
 
冬は日を他の植物に
充てたいって場所には
 
ホスタ(ギボウシ)がオススメ*
 
 
春から秋の間は葉を広げ
 
大きくなる品種は
一株で90㎝くらい広がるので
植える際には考えましょう。

わが家の子たち

ギボウシ(ホスタ)‘ファイヤー アイランド’
ギボウシ(ホスタ)‘ブルー マウス イヤー’
ギボウシ(ホスタ)‘リーガル スプレンダー’
ギボウシ(ホスタ)‘シュガー ダディ’
形も大きさも様々

****

いかがでしたでしょうか?

ネットで調べても、
育て方や増やし方は

書いてあっても
育ち方が書いてない
ことが多いんですよね。
成長はや!!とか 
その広がり方するなら最初に言ってよ~とか
 
なんで

 

やっぱり経験に基づいて
決めるのが一番(*’ー’*

 
 
 
 

コメント