年間2万円の節約ができる、火災保険の見直し方法

中国製でも偽物じゃない。あったよ!今手に入らない“地球グミ”

地球グミって知ってますか?

SNSで人気になっていて子どもたちの多くが知っている、青い丸いグミです。

かくいう私も、小学生の娘から「地球グミ欲しい」と言われ知ることになりました(^^)

Planet Gummi(プラネットグミ)trolli」

裏面には

おじさんと、地球のキャラクター?が描かれています。

この文字、見て…

めこ

中国語…偽物かも…

と不安になりましたが、実は中国にも製造工場があるようです。

中身を開けて、

しっかりとtrolliという文字を発見。

【中国製だけど本物】

  • ドイツの国旗の色が左上にデザイン
  • 「口力Trolli」のロゴ入りの地球グミ
  • 表面にはPlanet gummi のあとに中国語
  • 裏面には頭がカラフルなキャラクター、おじさん
  • グミのパッケージそれぞれにtrolliの文字

良かった…。

↓このパッケージが製造国スペインのものですね。

アジア圏では中国産のデザインが多く、このデザインはレアになっています。

タップできるもくじ

購入したのはドン・キホーテ、のUFOキャッチャー

人気なのですが、量を確保できてないのでゲームセンターコーナーにしか置いてないんです

と、定員さん。

UFOキャッチャーは写真禁止でしたので撮っていませんが、一回100円で遊べる一個単位で取るものと、一回100円で遊べる袋ごと取る大きなUFOキャッチャーの2箇所に配置されていました。

一個単位で取るタイプのUFOキャッチャーなら、他にも食料品とホームセンターが繋がっているところのゲームコーナーにも発見しましたよ。

取るのにかかった値段は…2,000円ほど(・・;)

ぜんぜん取れなくて、店員さん呼んでどうやったら取れるか…と聞いちゃいました。

普段UFOキャッチャーをしない私達が下手なのか、はたまたゆるすぎるのか…わかりませんが、

コツとしては“持ち上げての移動は出来ない。少しずつズラしてアクリル板の上で落ちたときに、転がって乗り越える”ようにするとのこと。

通常500円から600円の代物なので、かなり入れてしまって娘から「もういいよ、お金高すぎるよ」と(;・∀・)

私が諦めきれず店員さんからのお助けでようやくゲット。

あとから娘に聞くと、「めちゃめちゃ嬉しい!欲しかったけど、お金使っちゃってやばいと思った」と。

宝くじもやらないわが家にはギャンブルも同然なので娘は内心ドキドキして仕方なかったらしいです(^^)

実際に食べてみました。(夫、娘、息子)

イラストが描かれたパッケージ(パッケージは食べられません)を、そのままガブッと噛んでプチっと出す食べ方もあるようですが、

子どもたちでは上手くいかず、数個はパッケージから取り出して実食。

中からプニュっと甘酸っぱいソースが。

めちゃめちゃ酸っぱい〜!!!!

このソースがとろっとしていて、食べたあともう一回食べたくなるそう。

グミ自体はもちっと弾力があるのですが、ハリボーグミより柔らかいです。

着色料からか食べると舌が真っ青になりました。

楽しく食べられるお菓子

一口大ひとつあたり150円ほどの高級お菓子ですが、子どもたちはキャッキャ楽しそうにしていて、エンターテインメントと組み合わせると結果的に粘って取って良かったと思います。

実際はUFOキャッチャーで2,000円で取って5個入りなのでひとつあたり400円です(^_^;)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ウッドワンキッチン7年目のキッチンメインに家を建てたヘンタイ。子ども3人(1.5.7才)フルタイム。植物に癒やしを求めて200種類以上。
カインズのWEBメディア「となりのカインズさん」のライター/整理収納アドバイザー

コメント

コメントする

タップできるもくじ