袋状の葉がユニークな着生植物/ディスキディア・カンガルーポケット

植物の生長記録
この記事は約2分で読めます。

つる性多年草のガガイモ科のディスキディア・カンガルーポケットは、その不思議な見た目で目を引きます。一部の品種では袋状の葉ができます。これは貯水嚢 (ちょすいのう)と呼ばれ、葉が大きくなったもので、中は空洞。

東南アジア原産で、根っこが岩や樹木に張り付いて生長する着生植物のため、ディスキディアの根は体を固定させることが主な役割。水分は葉から、または貯水嚢内部の根から吸収するとのこと。

スポンサーリンク

ディスキディア・カンガルーポケットって?

別名フクロカズラとも呼ばれます。直射日光をさけ、湿度を保つと良い。

  • カガイモ科(キョウチクトウ科)ディスキディア属
  • 東南アジア~オーストラリアの熱帯地域原産
  • 非耐寒性多年草(10℃くらいまで)
  • 葉から水分を吸収するため湿度を好む
  • 開花期6~8月
  • 花の色白、赤
  • 別名はフクロカズラ、ミリオンハート
スポンサーリンク

生長記録

【2021年3月頃】購入

はっきり覚えていないけど3月頃購入。「ディスキディア・カンガルーポケット」という名でベラボンに植えられている状態でした。はじめての見た目・どう育てたらいいか分からない植物って魅力的に感じる~

この見た目にやられました~!赤いのはお花?かな。

【2021年8月中旬】種が出来た!

しばらく東向きのパントリーの窓際にぶら下げていましたが、鉢が重く落ちてしまい…。碧漁連に場所を譲ったため東向き玄関に移動。

水やりも多くないのでほぼ放置していた状態でしたが、種が飛んでいることに気が付きました(^^

ふわっふわ~

室内で育てているので飛ばなかったんだな。

こちらの種はまだ熟していない様子
巨大な蘭ごしに

この種で何かできないかなぁ?

コメント