迷ったらコレ!ロボットプログラミング教室おすすめ3選

【迷ったらコレ】ロボットプログラミング教室おすすめ3選│失敗しない選び方を受講者が徹底解説

ぜひ読んでほしい方
  • ロボットが作れる教室のオススメが知りたい
  • コスパがいい教室が知りたい
  • 教室を選ぶポイントが知りたい
  • ロボットプログラミング教室選びで失敗したくない

プログラミング教室が気になり検索すると、選択肢の多さに驚くのではないでしょうか。

当サイトで10万人規模の市を調査したところ、プログラミング教室は6カ所、その内ロボットプログラミング教室は5つ。

全国どこでも習える通信教育を含めると、ロボットプログラミング教室だけでも10社以上と選択肢はかなりの数に。

そんな多くから選べないよ……

そんな方のために当ページでは、コスパが良いロボットプログラミング教室を3つに厳選しました。

各教室の特徴選ぶポイントをお伝えします。

めこ母

迷ったらアーテックエジソンアカデミー(ページ内にジャンプ)です!

「ザクッとでいい・すぐに診断してほしい」場合は、30秒判断(当サイトのトップページ)をご使用ください。簡易的なものですが、ロボットプログラミング・プログラミング教室を網羅してます。

タップできるもくじ

ロボットプログラミング教室まとめ表

これまで10社以上の体験をしてきた中でおすすめなのは、ヒューマンアカデミーと、アーテックエジソンアカデミー・Z会のみらい講座の3つです。

通信教育のZ会はもちろん全国どこでも受講OK。

対面式(通学)のヒューマンアカデミーは約1,400箇所、アーテックは約900箇所と、ひとつの市に1〜2つある計算。

どちらも通える範囲にあることから基礎を学びたい初心者が検討しやすい教室です。

めこ母

基礎・思考力を学ぶならコスパ良しの3つです!

スクロールできます
おすすめ
順位
123
メインの習いごとに

アーテックエジソンアカデミー
メインの習いごとに

ヒューマンアカデミージュニアSTEAMスクール
+αの習いごとに

Z会みらい講座
特徴・PC教室で開かれているプログラミングに重きを置いた教室
・教材メーカー発のオリジナル教材
精度高いロボット作りに重きを置いた教室
・全国に25,000人の在校生のシェア№1のロボット教室
・人数が多く友達ができる
・ソニーのKOOVキットを使ったオリジナル教材
・カラフルで可愛い
・通信のため通学不要
通学方式対面
(通学)
対面
(通学)
通信
学習個人一律個人
重きプログラミングロボットどちらも
対象年齢小学3年~
(年長からでもOK)
年少~小学1年~
クラス・先生人数少人数制
(先生は1~3人に1人)
1クラス数十人
(先生は3~5人に1人)
ひとり
先生なし
学習期間2年間最長10年間3年間
月額(税込)10,000円
※教室による
10,890円~4,488円~
キット
(税込)
40,000~55,000円
※教室による
31,350円定価:54,868円
Z会:24,970円
\無料体験実施中/
公式サイト
体験の様子
\無料体験実施中/
公式サイト
体験の様子
\資料請求無料/
公式サイト
受講中の様子
比較表

「テキストプログラミングまで本格的に学ばせたい」方は、LITALICO(リタリコ)ワンダーや、Tech Kids School(テックキッズスクール)の方が合致しているでしょう。

東京近辺だったり月謝などの費用はあがる点はありますが、その分オーダーメイドのカリキュラムやテキストプログラミングのサポートが充実しています。

コンテストで優勝したい・会社で使える知識を求める本気の親子から、高い満足度を得ています。

おすすめの教室3社を紹介

めこ母

各教室についてざっくりと内容を紹介します

※各リンクで教室紹介までジャンプできます

おすすめ1位:アーテックエジソンアカデミー

学校などに導入されている教材メーカーアーテック社が運営する「アーテックエジソンアカデミー」。

ザ・王道のロボットプログラミング教室です。

基準になるため「初めの体験教室はエジソンアカデミーで」と言っても過言ではありません。

めこ母

学校など授業でも使われる教材のエジソンアカデミーなので安心して学習できます

\小学校など教育現場へ多く導入されています/

世界25カ国・日本全国4,000カ所以上の幼稚園・保育園で採用!
授業実施小学校 全国150校以上 アーテックロボ導入実績3,500台以上

学校だけでなく、パソコン教室や塾からも信頼が厚い教室。

エジソンアカデミー導入のPC教室

たくさんの教材を試しましたが、研修も多く、実際に触ってみて子どもが扱いやすいので決めました

数多くあるロボットプログラミング教材の中でアーテック社が選ばれる理由は、主に下記の2つの理由から。

  • 扱いやすさ(小さな部品がなく細かな作業が苦手でも問題なし)
  • 初回からロボット+プログラミングが出来る

もう少し詳しく説明していきます。

おすすめの方

アーテックエジソンアカデミーがおすすめな方はこういった方です。

\おすすめする方/

  • 入会してすぐにロボット作りもプログラミングもやりたい
  • 他の子と比べられたくない
  • PCが得意になりたい

入会したその月からロボット+プログラミングができるので「できた!」を実感し自信につながります。

カリキュラムは入会した月に1から順番に開始。そのため同じ月に入会した子以外は、取り組むカリキュラムが違います。

作る速度や、出来上がりを他の人と比べられたくない子におすすめできます。

めこ母

同じ空間の中で、各々が自分のカリキュラムに取り組みます

特徴5つを詳しく紹介

めこ母

気になるところはタップでジャンプできます

  1. プログラミングに重きを置いた教室
  2. ほぼマウス操作だけのプログラミング
  3. 60分間の無料体験ができる
  4. 未就学児でも学べる
  5. 地域に合わせた価格設定

※各リンクへジャンプできます

特徴1:プログラミングに重きを置いた教室

エジソンアカデミーは、ヒューマンアカデミーのような精巧なロボット作りがメインではありません。

1回90分の授業でロボットからプログラムを完成させるので、どちらかと言うとプログラミングに重きを置いた教室です。

めこ母

子どもに分かりやすく伝えるために、目に見える動きのロボットを活用しているイメージです

体験した教室では、授業は90分/月2回あります。

1回目はカリキュラムのロボットを作る基礎、2回目は1回目で学んだ基礎を応用。

2回目では与えられたミッションをクリアするために、オリジナルロボット&プログラムを作ります。

ひと通りの基礎を、2年間で学べるカリキュラムです。

めこ母

特にきょうだいが居ると、年数が決まっているので計画が立てやすいです

3年目(任意)からは、より高度なロボット製作にチャレンジする「エキスパート編」も用意されています。

1か月の授業の流れは下記のように進めます。

\授業の流れ/

  1. プログラムのポイントをテキストで学ぶ [基礎]
  2. ロボットを組み立てる [基礎]
  3. センサーやモータを配線 [基礎]
  4. PCでプログラムを作る [基礎]
  5. ロボットへ転送して動きを確認 [基礎]
  6. ミッションに取り組む [応用]
授業の流れ

アーテックエジソンアカデミーは、生徒1~3人に先生ひとりが付く少人数制の中でも少ない人数を担当します。はじめにポイントの説明を受け、ロボット製作を進め分からない所があれば聞きます。

めこ母

わが家が体験した教室では、なんとマンツーマンでした!

特徴2:初心者でもOK!ほぼマウス操作だけのプログラミング

プログラミングって難しくない?

めこ母

文字のブロックを組み合わせるだけなので、PC初心者でもできますよ

プログラミングは、ほとんどの学校で取り入れられているビジュアルプログラミングで、マウスひとつでできるプログラムなので、PC苦手・初心者でも安心して通えます。

卒業後はアプリや組んだプログラミングをUSBで持ち帰れるので、おうちでロボットプログラミングを楽しむことが出来ます。

特徴3:60分間の無料体験ができる

実際の授業をぎゅっと凝縮させた60分を体験することができます。※教室により

\体験の流れ/

  • ザクッとポイントの流れを説明[3分]
  • 体験用のロボットを制作[15分]
  • 教室にあるPCでプログラミング[20分]
  • プログラムの改造[10分]
  • 片付け[5分]
体験時の「しゃくとり虫ロボット」

わが家の体験では、子どもたちが体験している横で母は費用や授業の曜日などの説明を受けました。

体験時ではどちらかというとプログラミングの時間配分の方が多く、ロボット自体の組み立てにはそれほど時間をかけず10分~15分程度。

めこ母

プログラムで出てきた「かくどを90どにする」の数字決めでは、子ども達はベストな角度を探して試行錯誤していました

詳しい体験レビューはこちらをご覧ください。

特徴4:未就学児でも学べる

実は、アーテックは「エジソンアカデミー」と「自考力キッズ」2つを運営しています。

スクロールできます

エジソンアカデミー

自考力キッズ
推奨年齢小学3年生~
※年長でもOKのところも
年長~小学2年生
学習内容ロボット・プログラミングパズル・ロボット・プログラミング
学習期間2年間2年間
料金教室による
10,000~13,000円
(キットは別途)
教室による
10,000円
(キットは別途)
体験教室はこちら体験教室はこちら
エジソンアカデミーと自考力キッズの比較

エジソンアカデミーでは小学3年生からですが、自考力キッズでは年長から入会ができます。

めこ母

これはあくまで推奨年齢です。年長の息子は、エジソンアカデミーでOKと言われました

どちらが合っているのか判断は各教室の運営者に任せられており、体験教室時に判断されます。

どちらか悩んでいる場合は、まずは問い合わせしてみて運営者の判断に任せてOK。

特徴5:地域に合わせた価格設定

アーテック法人事業部の城野さん

店舗は全国にあり賃貸料や習いごとにお金をかけない地域もあるので、各教室にお任せしています(取材より

枠はあるものの運営者が自由に設定できるため、教室により価格の幅は広いです。

どれだけの違いが出るのかと思い、通える範囲内(車で40分程度)の2つの教室を比較

基礎カリキュラムは2年間で終了のため2年間で比較しています。

めこ母

隣の教室なのに2年間で約14万円の差が出ました……!

※すべて税込み

1つ目の教室

\ ひとり分 /

  • 入会金:10,000円
  • 月謝:13,200円/月
  • ネット利用料:900円/月
  • キット代:55,000円/一括または二分割

2年間利用した場合、403,400円

2つ目の教室

\ ひとり分 /

  • 入会金:5,500円
  • 月謝:9,350円/月
  • キット代:33,000円/一括

2年間利用した場合、262,900円

あくまで費用だけ見た場合です。

講師の質や授業の時間帯など総合的な判断が大事です。

めこ母

講師との相性もあるので、通える範囲の教室であればできるだけ比較した方が賢い選択だと言えます

\ 60分の体験教室が無料 /

▲もくじへ戻る

▲講座比較一覧表へ戻る

おすすめ2位:ヒューマンアカデミーロボット教室

ヒューマンアカデミージュニアのロボット教室は、世界に名だたるロボットクリエイターが監修している人気の教室

めこ母

精巧なロボットを作りたいならヒューマンアカデミーです!

監修者でアドバイザーの高橋智隆氏は、日本を代表するロボットクリエイター。

CMやテレビにも出演し、代表作にはデアゴスティーニ「週刊ロビ」や、グランドキャニオン登頂「エボルタ」などがあります。

ヒューマンアカデミーの全国大会では高橋氏が評価者として参加のため、世界のクリエイターから直々に評価してもらえる貴重な経験が出来ます。

おすすめの方

ヒューマンアカデミーのロボット教室をおすすめするのはこういった方です。

\おすすめする方/

  • ロボットの仕組みに興味がある
  • 幼児からロボット作りを学びたい
  • 習いごとを通じて友達を作りたい

プログラミング教室というまだニッチと言える世界で、在校生が26,000人はかなり多いです。

めこ母

わが家がある地方の教室でも、いつ問い合わせても30人の枠が満席なんですよね

カリキュラムは同じコースの子どもは、全員同じものを作ります。

体験で作った「クロールロボ」

授業の中で作ったロボットを改造して戦わせたりすることもあり、友達ができやすい環境と言えます。

わが家の体験の詳しい様子はこちらをご覧ください。

特徴5つを詳しく紹介

めこ母

気になるところはタップでジャンプできます

  1. 年齢・個人のレベルに合った6つのコース
  2. プログラミングをするのはミドルコースから
  3. 月1回変わるロボットの種類が豊富
  4. キット持ち帰りで思う存分改造できる
  5. 月謝は一律だが大会への参加意欲は教室ごと

※各リンクへジャンプできます

特徴1:年齢・個人のレベルに合った6つのコース

カリキュラムのコースは6つで、最長で11年間学ぶことができます。

右側のアドバンスコースに近づくほど習熟度が高くなります。

\6つのコースの違い/

スクロールできます

プレプライマリー

プライマリー

ベーシック

ミドル

アドバンス

ロボティクスプロフェッサー(ロボプロ)
到達目標スモールステップで無理なくロボットを作る。プライマリーコ以降で必要となる基礎スキルを身に付ける文字を読む力・数を数える力を養う失敗や成功を繰り返し自分だけのロボットに改造できる基礎的なプログラミングを理解し、ロボットを制御できる思い通りの動きができるよう調整を自ら考えられるロボット・プログラムの開発ができる本格的なロボット技術・数学物理のセンス、問題解決能力を得る
対象学年年中・年長幼児~小学低学年小学生小学生小学中学年~
(ミドルコース修了生)
小学高学年
または
アドバンスコース修了生
ロボット製作数12体12体24体24体
※プログラミングはタブレット購入が必要
12体1年間で4つ
月数12ヵ月12ヵ月24か月24か月24ヵ月36か月
授業内容スモールステップでムリなくロボットを作り上げるテキストを見ながら、動くロボットを自らの手で作りあげるテキストを見ながら、ロボットを正確に製作し構造や動きの仕組みを学ぶより複雑なロボット作り、タブレットで初歩的なプログラム作成で、自立的なロボットを作り上げる本格ロボット作り。2か月に1種類でより複雑に進化させていくより本格的なロボット作り。パソコンでプログラムを作成しオリジナルにもできる
テキストパーツの写真は原寸大。
1ページ1ステップのわかりやすい形。学びを広げる内容が充実。
原寸大で写真あり。直感的なロボット製作が可能選択式や穴うめの設問で理解を深める写真は少なく。情報が少ない中で製作する「チャレンジ」課題も。記述式設問図面を見ながら観察力を働かせて製作。タブレットを用いたビジュアルプログラミング
\年中~/
体験教室
\幼児~2年生向け/
体験教室
\小学生向け/
体験教室
\小学生向け/
体験教室
\3年生以上向け/
体験教室
\6年生以上向け/
体験教室
最長11年のロボット教室

特徴2:プログラミングをするのはミドルコースから

ヒューマンアカデミーのロボット教室は、ロボット作りをある程度学んだ後にプログラミングを学びます。

専用タブレットでC言語を使用する

そのため最初のプライマリーコースやベーシックコースでは、基礎となるロボット作りがメイン。

めこ母

講師の判断により飛び級もありますが、多くの子は約3年間ロボット作りに専念します

基礎のロボット作りと言っても、単なるブロック遊びではありません

モーターを付けるなどの動作が加わるため、各パーツ同士の繋がりを意識して作る必要がありかなり奥深い。

大人顔負けの小さな部品も

穴一つ違えば動かないので、手先の器用さやロボットの基礎から改造のアイデアまで、しっかり考えられます。

めこ母

ロボットは子どもウケ抜群です

ヒューマンアカデミーのロボット教室は、特に長い目でみてロボットの作り手や、ロボットに関連する仕事をしていきたい方におすすめです。

特徴3:月1回変わるロボットの種類が豊富

すべて学ぶと88体ものロボットが作れます。

ミドルコースまで進むと、教室で一番人気の「ロボザウルス」や、二番目に人気の「ピッキングロボ」などが作れるようになります。

りーくん息子

うわぁ~これ作りたい!

特徴4:キット持ち帰りで思う存分改造できる

リュックにもなるキット

キットは毎回お家に持ち帰る形で、自由に改造して次の授業で持ち込みます。

ヒューマンアカデミーの運営者

自宅で改造して次の授業が待ちきれず「先生ちょっと見せに行っていい?」と見せに来てくれる子もいます

月1つロボットを作る授業の流れは、月2回各90分ずつで「基本制作」「応用実践」に分かれています。

最初の1回目でカリキュラムのロボットを制作し、2回目で作ったロボットに自分なりの改造を加えます。

めこ母

他の教室だと教室保管の場合もあるので、自宅でいじりたい子には嬉しい管理方法です

特徴5.月謝は一律だが大会への参加意欲は教室ごと

スクロールできます
ヒューマンアカデミー
ロボット教室
入会時
(一回きり)

入会金 11,000円
ロボットキット代 31,350円
※ミドルコース・アドバンスコース進級時、
追加キット代が必要です
月額費用
授業料 10,340円
テキスト代 550円
ヒューマンアカデミーロボット教室の価格(税込み)

月謝は一律で、どこの教室でもかかる金額は変わりません。

せっかく通うなら大会やコンテストなどで優勝を目指せる教室に通わせたいな!

毎年行われる「ヒューマンアカデミージュニアロボット大会」は自由参加ですが、力を入れている教室だと講師のサポートや上級生からの刺激を多く受けることができます。

教室ごとの大会への意欲はそれぞれなので、各教室へ確認をすることになります。

めこ母

力を入れているかは公式サイトでは確認できないです。けれど、参考になる資料がひとつあります

2022/8/27(土)の全国大会MVP アドバンスコース 出張 叶真さん(小5) 大阪府 狭山池前教室

それは大会での入賞者の所属教室を見ること。

入賞者が居る=強豪校の可能性が高い】というわけです。

めこ母

22年の受賞者の所属教室を一覧にしました

大会のMVPはこちらの子。

MVP:大阪府 狭山池前教室 出張 叶真さん(小5アドバンスコース)

普段使用しているキットを使い作る「アイデアコンテスト」では、コースごとに最優秀賞があります。

\アイデアコンテスト最優秀賞の所属/

  • プライマリーコース:宮城県 仙台上杉教室 沼田 樹さん(年長) 
  • べーシックコース:愛知県 大高青山教室 鈴木 蒼涼さん(小2)
  • ミドルコース:タイ日本人会教室 大萩 湊介さん(小4)
  • アドバンスコース:愛知県 東山公園教室 花井 美緒さん(中1)

トイレットペーパーの芯をルール通りに運ぶ「テクニカルコンテスト」は下記の通りです。

\テクニカルコンテスト受賞者の所属/

  • 優勝:福岡県 中間教室 桑村 悠太郎さん(中2) 
  • 2位:愛知県 東山公園教室 花市 健年さん(中1) 
  • 3位:愛知県 西尾寺津教室 土谷 亘さん(小6) 
  • テクニカル特別賞:岡山県 倉敷笹沖教室山田 悠尊さん(小6)

ご覧の通り強豪校の教室名は大会でよく出てきますし、愛知県のレベルが高いのがわかります。

レベルが高い教室に通わせたいと思うなら名前があがる教室という選択肢もありです。

めこ母

教室の移動もできるので、続けられそうなら移動するのもひとつの手です

\ 個別相談も体験教室も無料 /

▲もくじへ戻る

▲講座比較一覧表へ戻る

おすすめ3位:Z会プログラミング「みらい」講座

みらい講座は、実生活で使われているロボットからプログラムを学びます。

カラフルなブロックでロボットを作り子ども受けも良く、Z会で特に人気が高いロボットプログラミング講座です。

めこ母

子どもたちはみらい講座受講中(レビュー記事)です。

使用するキットのKOOV®は、学校教材メーカーの老舗アーテック社とsonyが協業開発したもの。

そこにZ会の完全オリジナルカリキュラムを合わせ、相談者の課題解決をしながら学んでいきます。

テキストのレベルが高く、学校では踏み込んでいないところまで学べます。

例えば、相談者ひなさんの浮輪をつくる回では、うきわの概念を調査し表で整理する作業があります。

さーちゃん

表ってなに?習ったことないよ

ℤ会教材開発担当の鶴見さん

プログラムを考えるまでの道のりも大事。カリキュラムに取り込んでいるのでぜひ考えてください(取材より抜粋)

みらい講座がおすすめなお子さん

  • ブロック・レゴが好きなお子さん
  • モノづくりや機械に興味があるお子さん
  • ロボットを作ってみたいお子さん
  • やさしい・綺麗でカラフルな色が好きなお子さん
  • 小学1~4年生
  • 説明上手になりたいお子さん

みらい講座は、ロボット作りだけではありません。

身近なロボットがどうやって作られているか考えたり調査し、まとめることで頭の整理が上手になります。

めこ母

トラックは誰の荷物運んでるの?などという疑問を持つお子さんは、社会生活にも興味を持っているため「みらい講座向き」です

特徴を5つ紹介

めこ母

気になるところはタップでジャンプできます

対象学年は小学1年生からできる完全オリジナルカリキュラム

テキストとアプリを組み合わせて学ぶ「みらい講座」。

アプリのロボット作りでは3Dでぐるっと回転しながら見ることができるので、低学年でもひとりで作れるとZ会は自信をもっています。

りーくん息子

ちょっと時間かかるけどぼくもひとりで出来るよ

学習の流れ
めこ母

学習の流れはこんな感じです

STEP
テキストに取り組む(30分)

毎月届く教材『みらいワーク』で、さまざまな切り口からテーマについて考えます。

テーマ例:いつもおうちの手伝いをしているよ。一緒に楽しく食事の片づけを手伝ってくれるロボットがあったらいいな!

STEP
プログラムでロボットを動かす(180分)

アプリを使って「KOOV® (クーブ)」キットでロボットを組み立て、プログラミングを学びます。

STEP
課題を解決して作品を共有する(30分)

つくった作品は全国の会員と共有できます。(SNS機能)

カリキュラムは3年間で完了
めこ母

カリキュラムはスタンダード1から順番に進め、最長3年間で終了します

\作品例/

スタンダード1「トラック」
スタンダード2「ジュエリーボックス」
スタンダード3「ドスコイサウルス」

カリキュラムが「スタンダード1・2・3」と進むにつれて、プログラミングスキルがレベルアップ。

\レベルごとのざっくり内容/

スタンダード1:基本的なプログラミング
スタンダード2:パーツを組み合わせ、複雑な動きを実現
スタンダード3:条件・変数などで動きを制御する

めこ母

関数はスタンダード1から使用します。目で見て理解できるので、私も勉強になっています。

作品は「KOOV®アプリ」上の「コレクション」に保存したり、ほかの受講生に公開したりもできます。

ロボット組み立てからプログラムまでタブレットひとつ

タブレットでマウス操作不要
めこ母

アプリの操作はとっても簡単です

こちらは実際にアプリに入っているレシピ「カメラ」を作るときに画面を録画したものです。

ぐるっとどこの穴に入るのか見れる

動画のように360度回すことができるので、組み立てでブロックの組み合わせをしっかり確認できます。

右側にある+と-のたての棒をタップすると大きさも調整可能です。

ひとつの工程は小さなステップ。子どもひとりでも無理なく行えるようにできています。

アプリの詳しい説明については、開封レポをご覧ください。

年2回の診断テストで成長を実感!

みらい創造力プログラミング
診断テスト(全2回)

「プログラミングの力」がどの程度身についたかを診断し、学びの定着度を確認します。

『みらいワーク』よりもさらに発展的な「プログラミングの際に必要となる背景知識」も学ぶことができます。

Scratchと似ているため授業でも迷わない

KOOV®アプリのプログラミング画面

学校のプログラミング授業でも多く取り入れられているScratch(スクラッチ)。

KOOV®とScratchはプログラミング画面や用語がよく似ています。

それもそのはず、ベースはScratchのビジュアルプログラミング。直感的にマウスだけで操作が出来ます

ビジュアルプログラミングはほとんどの小学校で幅広く導入されている形式です。

めこ母

子どもが混乱しないのはマストですね

学習時間は自由で1か月に4時間程度

1か月あたり4時間程度を想定に作られています。

  • 1時間×週1回でも
  • 2時間×2週間でもOK
めこ母

お子さんのペースを尊重して進められます。

提出期限はないため、1か月でやりきらなくてもOK

低価格でコスパ抜群

通学型のスクールや、個別指導のスクールは、調査したところ月あたり1万円~が目安です。

ロボットプログラミングとなるとキットの用意も必要なので、初期費用に5万円前後してきます。

その点、Z会は特別価格で始められます。

計算したところ初期費用は30,250円(キット+初月受講料)と、通学型のロボット教室に比べて2万円近く安い計算に……!

めこ母

わが家は子どもが3人。きょうだいで学習しようと思うとコストも馬鹿にはできません

スタンダード1スタンダード2スタンダード3
受講期間12か月12か月12か月
入会金0円0円0円
月額受講料
(毎月払い)
5,280円6,600円6,600円
(12カ月一括払い)53,856円
(1カ月あたり:4,488円)
67,320円
(1カ月あたり:5,610円)
67,320円
(1カ月あたり:5,610円)
KOOVアドバンスキット代金
※スタンダード3までこれ一つ
メーカー希望小売価格54,868円を→Z会特別価格24,970円別途問い合わせ別途問い合わせ

アドバンスキットはすでに持っていれば購入は不要です。

スタンダード2・3から始めることは出来ますが、スタンダード1にあるアドバンスキットの価格24,970円は、スタンダード1受講者のみ適用されるオトクな価格です。

スタンダード2・3から受講開始希望でキットも欲しい方は、別途Z会へ問い合わせをしてください。

実はKOOV®のキットだけを購入することも出来ます。アドバンスキットは定価5万円以上なので、「みらい講座」はキットだけでもかなりお得に始められるのがわかります。

KOOV®キットを安く手に入れたい場合はこちらの記事をご覧ください。
プログラミングキットKOOV(クーブ)を最安値で購入する方法

\充実の資料請求が無料 /

▲もくじへ戻る

▲講座比較一覧表へ戻る

ロボットプログラミング教室選びポイント7つ

めこ母

講師・開発者7人と、プログラミングスクール受講者21人に聞き込みまとめました!

\条件は総合的に7つで絞る/

※各リンクへジャンプします

年長の息子と小学2年生の娘が多くの体験教室に行き、結果として現在「Z会プログラミング講座 “みらい”」を受講しているわが家も同じ意見です。

子どもが強い興味を持つか

プログラミング教室選びで失敗した方の意見は、以下の4つにまとまります。

  • 子どもが興味がないものを選んだ
  • 興味がすぐになくなるものを選んだ
  • 保護者や子どもが目標を持たず選んだ
  • 教育方針と合わない教室を選んだ

特に、親が良いと感じて入会させた場合は要注意です。

体験直後は親子ともにテンション高くなりがちです。

めこ母

数日おいてもう一度お子さんにやりたいか聞くという手もありです

もう一つの方法としては「通ったら何作りたい?」と聞き、作りたいものがたくさん出てきたら、興味が強い可能性が高いと言えます

Z会プログラミング教材開発担当の鶴見さん

モチベーションの持続でも“強い興味”は軸になります

目標を持って参加できるか

目標を持たないまま習い始めると、受け身になってしまいモチベーションが続きません

時間を過ぎるのを待つだけ・言われるがまま進め結局身につかない・前向きになれないことにも繋がります。

めこ母

目標は、難しすぎたり・簡単すぎても楽しく続きません

例えば、マイクラ好きなら「マイクラで大きな城を作りたい」など、お子さん自身が思い浮かべられる目標がイメージできるか確認してみてください。

子どもにとって最終的に大きなゴールを持つことで、受講中や普段の生活の中で着眼点ができ「これ使えるかも」と材料を集め、それがモチベーションにも繋がります。

子どもの性格にあっているか

めこ母

競うのが苦手な子どもに対して、大会や発表会がメインの教室はおすすめできません

ロボットプログラミング教室は、大きく分けて3つのタイプ「対面(通学)」「オンライン」「通信教育」から選べます。

子どもの性格や使い方で分けた場合はざっくり下記のように分けられます

教室タイプどんな子向け?
通学コミュニティを増やしたい
オンライン通えない教室などで講師から直接アドバイスが欲しい
通信教育自宅で自由な時間に取り組みたい子向け

学校以外では、なかなか友達を作る場所がないもの。

通学タイプの生徒数が多い教室に通うことができれば、習いごとで友達やコミュニティができるといった、社会生活でも大事な横のつながりの経験をプレゼントできます。

めこ母

他学年や、他の学区の友達ができるのは親としてとても魅力的だな

人と接しながら進めたいけど、通えない距離にある場合にはオンライン。

部活や他の習いごとで忙しくて時間細切れ、ひとりで自由に進めたいなら通信教育です。通信教育はどこでもできるのが良いところ。帰省で祖父母に褒めちぎってもらうことも出来ます。

さーちゃん

おばあちゃんちに持ってく~!

▲選ぶポイント7つにもどる

ロボットかプログラミングどちらに重きを置きたいのか

めこ母

お子さんは「ロボット作り」と「プログラム作り」どちらが好きですか?

  1. ロボット作りメインで、その先に応用としてプログラミングを学ぶ教室
    →ヒューマンアカデミーのロボット教室
  2. プログラミングメインで、動きが見えるロボットを手段として活用する教室
    →アーテックエジソンアカデミー
さーちゃん

私はロボット作りよりも、プログラミングのが好き!

りーくん息子

僕はプログラミングより、ロボット作りのが好き!

下記はヒューマンアカデミーと、アーテックの年齢で学習できるコースをまとめた表です。

ちいたす調べ22年8月

ご覧の通り、ロボット作りを基本とするヒューマンアカデミーは、プログラミング開始年齢が遅め。

対してアーテックはプログラミング比重が大きいため、年長からプログラミングが学べます。

めこ母

何を身に付けさせたいか、子どもがやりたいことが何かで選んでください

プログラミングを何回かしてから気づくこともあるので、体験は行って損はないです。(むしろ行かずに決めると損します)

小学2年娘の場合、Z会のみらい講座をはじめて5回目で「ロボット作りよりプログラミングが好き」ということに気が付きました。

価格は許容範囲にあるか

ロボットプログラミング教室の費用は、月謝と教材費の他にキット代やPC代(レンタル)などがかかります。

いくら期間限定だとはいえ、家計を圧迫しすぎてはよくありません。

入会から1年間でかかる各教室の費用をまとめました。

\1年間の費用比較表/

教室タイプ1年間の費用(内、初回のみ必要なもの)
ヒューマンアカデミー ロボット教室通学173,030円(42,350円)
アーテックエジソンアカデミー通学150,700~
234,200円
※当サイト調べ/教室による
(38,500~65,000円)
Z会みらい講座通信教育78,826円
※12か月一括払い
(24,970円)
交通費別、税込み

ちなみに、「本格的に学びたいならLITALICO(リタリコ)ワンダー」と当ページのはじめの方に伝えましたが、リタリコは1年間学ぶのに372,900円かかります。

めこ母

基礎や思考力を付けるといった点で選ぶなら、当サイトがおすすめする教室で充分だと思います

この表を見ると費用も大事だな

費用に注目すると、かなり違うことがわかります。

しかし、通うのはお子さんです。

講師の雰囲気や教育方針は全く違うので、家庭の都合だけでなくお子さんに合うところを見つけられるように検討してくださいね。

でも、うちってどこまでお金かけてもいいの?

教育費は手取りの5%にした方が家計を圧迫しないとされています。

手取り30万円の世帯であれば、15,000円(きょうだい含む)です。他の人の教育費用がどれくらいかけているかは下記ページをご覧ください。

>>将来子どもが稼げるようになる習いごとランキング

▲選ぶポイント7つにもどる

体験教室で子どもの反応を見る

体験教室は教室の雰囲気や講師のレベル、子どもへの接し方、教育方針などが見れる貴重な機会です。

最終的には、お子さんの体験する姿が強烈な判断材料になります。

お子さんが興味出そうな教室をある程度絞った上で、通える範囲の体験教室をし確認してください。

めこ母

多くの教室は無料で体験会を行っていますよ

比較する目安は3か所以上です。

3か所以上あれば親子ともに重視ポイントが定まって間違った選択をしないと考えます。

多すぎても迷ってしまうので、3~5カ所ほどがいい塩梅でしょう。

お子さんの負担もあるので、1~2か月くらいかけてじっくり選んでも。

りーくん息子

早く次やりたーいっ!

体験教室のお申込みはこちらから
>>ヒューマンアカデミー
>>アーテック エジソンアカデミー
>>Z会プログラミングシリーズ みらい講座

重要視しなくても良いこと

反対にあまり考えなくていいことがあります。

それはサイトで書かれている「推奨年齢」です。

小学生低学年までは元々の性格にかかわる部分が大きいです。

めこ母

あくまで推奨なので、あとは教室の先生の判断になります。

わが家のように「年長だけど推奨年齢小学3年生のコースでもOKと言われた」などは良くあることです。

▲もくじへ戻る

判断できないならまずは通学タイプを

お子さんの反応はとても素直です。

わが家の息子だと、注文してから毎日ベッドの中で

りーくん息子

あぁ~早く次のロボット(教材)が来ないかなぁ♡

とニマニマしていました。(今でもしてますし、作ったロボットはなかなか壊せません)

わが家は他に習いごとをしているので通信教育を選びましたが、1つ目の習いごとなら、まずは通学タイプを考えた方がいいと感じています。

めこ母

モチベ持続や声かけも親次第なところがありますし、通学の良いところは何と言っても家族以外の刺激がとても大きいです!

通信教育は子どもの成長を、リアルタイムで感じられるのが良いですね。

さーちゃん

ママ!わたしはプログラム担当するから、ブロックでモンスターボール作って!

\ロボットプログラミング教室ランキング(4位以降も記載)/

スクロールできます
おすすめ
順位
12345

アーテックエジソンアカデミー

ヒューマンアカデミージュニアSTEAMスクール

Z会みらい講座

Z会レゴ®講座

個別教室のトライ
使い方メインメイン+α+αメイン
特徴・PC教室で開かれているプログラミングに重きを置いた教室
・教材メーカー発のオリジナル教材
精度高いロボット作りに重きを置いた教室
・全国に25,000人の在校生のシェア№1のロボット教室
・人数が多く友達ができる
・ソニーのKOOVキットを使ったオリジナル教材
・カラフルで可愛い
・通信のため通学不要
レゴ®好きにたまらないロボットプログラミング講座
精度高いレゴ作りが可能
・通学不要
・ソニーのKOOVキットを使ったオリジナル教材
・全国356教室で学べる
・オンラインもあり
通学方式対面
(通学)
対面
(通学)
通信通信対面
(通学)
学習個人一律個人個人個人
重きプログラミングロボットどちらもロボットよりプログラミング
対象年齢小学3年~
(年長からでもOK)
5歳~小学1年~小学2年~小学1~6年
クラス・先生人数少人数制
(先生は1~3人に1人)
1クラス数十人
(先生は3~5人に1人)
ひとり
先生なし
ひとり
先生なし
学習期間2年間最長10年間3年間2年間2年間
入会金10,000円
教室による
11,000円0円0円11,000円
月額(税込)10,000円
※教室による
10,890円~4,488円~4,675円~8,800円
キット
(税込)
40,000~55,000円
※教室による
31,350円定価:54,868円
Z会:24,970円
定価:43,780円
Z会:35,200円
キット貸し出しあり
\無料体験実施中/
公式サイト
体験の様子
\無料体験実施中/
公式サイト
体験の様子
\資料請求無料/
公式サイト
受講中の様子
\4/11まで最終キャンペーン/
公式サイト
詳細を見る
\体験教室実施中/
公式サイト
紹介記事
比較表
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

タップできるもくじ