【楽天モバイル乗り換え実践】iPhoneからandroidへ〔AQUOS sense4 lite〕

お金の勉強
この記事は約8分で読めます。

楽天モバイルのUN-LIMITVIへ乗り換えをしました。今回、iPhoneユーザーが面倒なのでは?と思い込んでいるandroid端末への乗り換えをしましたので、実践写真を載せつつどのような設定で進めればいいのかまとめました。楽天モバイルでのiPhone→android端末への乗り換え時のマニュアルとしてご使用ください。

乗り換えって面倒そう…

大丈夫!私が使い始めた2014年頃と比べたら、ものすごい簡単になりましたよ。

移行手続きは、機種だったり移行元によって変わります。必ずしも一致するものではありませんのでその点ご了承ください。

スポンサーリンク

iPhone8から〔AQUOS sense4 lite〕へ変えた理由

携帯電話代は月額3,000円超えてきたら高いなぁと感じる

格安SIM時代の楽天モバイル(ドコモ回線・au回線)では二年弱使っているので割引もなくなり、月額料金がプランSで3,000円を超えてきていました。iPhone8は21/4/27からUN-LIMITVIが使えるようになりましたが、下記のキャンペーンの後押しもあり、端末もセットで移行することに。

スポンサーリンク

キャンペーンを利用

キャンぺーン適用で、月額料金三か月無料&25,000ポイント還元の21/7月に乗り換え。

月額プラン3か月無料は、月初に開通したら、なんと!ほぼ4か月間無料で使えます!!※例 7/6に開通→10/末まで月額プラン料金無料。

更に楽天経済圏にどっぷりつかっている人達はSPUが更に1倍なので使わない手はありません。しかも、支払い料金ゼロでも倍率アップします。

今のキャンペーンは公式ホームページで☟

楽天ひかりとの併用で更にオトク

スマホと楽天ひかり回線の両方申込で回線が一年無料。また、SPUも更に1倍になります。

すでに楽天モバイルまたはひかり回線を利用している人でも、条件をクリアすればと残りの片方の申込で「1年無料特典」が適用できます。

  • 楽天ひかり:お申し込み月を1カ月目として4カ月目末日までに開通していること
  • Rakuten UN-LIMIT VI:楽天ひかりお申し込みの翌月15日までにRakuten UN-LIMIT VIを申込していること
  • ※その他条件はキャンペーンルールをご確認ください

スポンサーリンク

MVOへ乗り換え申請

まず乗り換えするには申請します。

TOPページの「お申込み」各種ボタンから申し込みをする

MVNO(楽天モバイル格安SIM時代)からMVOへの申込は☟

>>スーパーホーダイ、組み合わせプランからのプラン変更(移行)

機種を選ぶ

移行手続きの場合、機種購入がなければそのまま下部にある「製品は購入せず移行お申込み」で移行手続き完了します。

製品を購入する場合は、「お申込み/製品購入画面に進む」をクリックして製品を選びます。

大きくiPhoneかandroid端末から選びます。冒頭にある通り、私(夫分)はAQUOS sense4 liteを選びました。驚くところは、48回分割払いが一番安いこと…

  • 48回払い → 24,960円 一括と比べて▲41円
  • 24回払い → 24,984円       ▲17円
  • 一括払い → 25,001円

選び方が選択できるのはいいですね。2年、4年その携帯を使うなら利用しても良いと思います。

わが家はローンのような払い方はなるべくしないようにしているので、こういう場合、絶対に一括払いです。もちろん車も今ある現金で買える範囲で一括払いです。

この端末は一週間電池が持つほどの大容量バッテリー搭載でカメラも充分なライトユーザーに適した日本製のスマホです。

スポンサーリンク

申込内容の確認

最後に申し込み内容の確認をして、間違いがないか確認します。そして最後の「この内容で申し込む」をクリックして完了させます。

eSIMを選択

わが家の場合は土曜日に申し込みをし、月曜の朝いちばんに届きました。発送されると登録されているメールアドレスへ連絡が来ます。

スポンサーリンク

機種が届く前に行うこと

LINEの引継ぎ手続き、写真や連絡先などのバックアップ(アイクラウドやGmailのグーグルドライブなど)を実施します。

なお、LINEはios(iPhone)⇔androidのOSが異なる間では、トーク履歴は引き継げません。友達やグループなどは引継ぎ可。

スポンサーリンク

機種が届いたら

楽天回線を使えるようになるのと、キャンペーンのポイント還元を受けられるようにするため、下記を順に実施していきます。

  1. 初期設定
  2. 転入開始手続き
  3. 楽天回線の開通手続き
  4. 国内通話かけ放題の設定
  5. 通信エリアの設定
  6. 必要なアプリ(LINE等)を入れ引継ぎ

初期設定をする

①開封

楽天モバイルから届きました。開封すると箱の底に張り付けられていて緩衝材はなくても中で動かないようになっています。

中身は、本体とスタートガイドの冊子・保証書で、ここは機種により違いますが、充電器やイヤホンの付属品はありません。楽天モバイル専売でお値打ちに提供されているからかもしれませんね。私が「OPPO Reno3 A」を購入した時は充電器もイヤホンもついてきました。

②携帯の電源を入れる(大体出荷時には充電が60%ほどあります)。

③モバイルネットワークへの接続→(eSIMはSIMをダウンロード、SIMカードありは挿入)→次へ→eSIMでSIMをダウンロードする場合はWi-Fiに接続

次の画面ではQRコードスキャンと出ますが、無視してお待ちください。※ここでのスキャンは後述しますが、以降手続きのQRコード発行されたものを読み取るためのものであり、この時点ではまだ必要ありません。

しばらく待つと…

④スタートガイドブック通りの画面「アプリとデータのコピー」が出るので、次へをクリック。クラウドのバックアップをし、Gmailアドレスでバックアップデータを引継ぎします。

転入開始手続きをする

①転入を開始する前に時計を確認してください。

転入の時間により、30分程度で終了するときもあれば、21:30から8:59は9:00以降に転入完了します。

※eSIMだと、新しい携帯と、WEBが出来る環境(他のPCや携帯)が必要になるので外出予定がある場合は逆算して手続きしましょう。

②my楽天モバイルへログインし、TOPの申込番号(お届け完了)の赤丸部分を開く。

③「転入を開始する」をクリック

④転入完了の注意事項を読み☑し、「MNP転入開始する」をクリック

⑤転入完了するまで待つ

楽天回線の開通手続き

楽天回線が使えるようにします。今のままではただ単に端末を持っているだけなので、Wi-Fi環境がなくてもデータ通信ができるようにする、携帯電話として使えるようにするイメージです。

楽天モバイル(docomo回線・au回線)、UQモバイル、IIJmioなどでiPhoneを利用していた人は設定まにAPNプロファイルの削除を行います。

(今回はandroidへの乗り換えのため不要)

iPhone用のAPN構成プロファイルを削除する(公式HPへ飛びます)

①事前にmy楽天モバイルアプリが最新の状態か確認してください。Playストアからマイアプリの一覧で「更新」となっていればタップし更新します。最新の状態でないと、アプリを立ち上げた最初の画面の状態でフリーズしてしまいます。(「最新の状態ではないので次の画面は開けません」みたいなポップは出ませんので自力で判断します。)

私が経験者です。フリーズしてやっと理解( ´∀` )

②回線開通する。アンドロイド端末の場合はとても簡単です。最新のmy楽天モバイルアプリを開き、「RAKUTENIDでログイン」→「申込番号」→「開通手続きをする」。

③開通を確認する。Wi-FiをいったんオOFFにし、WEBにつなげてみます。☟の画面でいうと、青くなっている一番左の扇子みたいな形のがWi-Fiです。この状態ではONになっているのでタップしてOFFできます。

国内通話かけ放題の設定 

楽天電話のかけ放題はRakuten Linkアプリでの発信で適用されます。(0570など除く) また、Rakuten Linkを使って発信をすることでキャンペーンの条件を満たすことがほとんどですので始めに設定しておいた方が確実です。

①Rakuten Linkアプリを開く→同意位置情報提供(任意)

②申込時の楽天IDとパスワードを入れ、ログイン

③連絡へのアクセスを許可し、電話番号の認証(届くと自動入力)

④ユーザーネームや任意でプロフィール画像設定

⑥注意を読み「OK」※アプリをアンインストールする場合は、必ずログアウトしてから実施。ログアウトしない場合は、電話やSMSが使用できなくなる場合があります。

⑦実際にRakuten Linkアプリで発信をしてみる

通信エリアの設定

①my楽天モバイルアプリを開く

②位置情報提供協力のお願いに「確認」

③発信と通話の管理を「許可」※位置と、管理に許可をしないと正常に作動しない場合があります。

④my楽天モバイルアプリのTOP画面で下記画面になっているか確認する

ここでモバイルデータ使用量が(データ利用量)わかります。特に月末でギリギリのラインのときは参考になります。

7/6に開通、開通日から3か月間の月額プラン料金無料の適用は21/10/31まででした!

ほぼ4か月間無料で使用できるということですね。

必要なアプリ(LINE等)を入れ引継ぎ

LINEの引継ぎ、家族間でカレンダーを共有できるtimetreeなどの引継ぎ・ログインをします。

スポンサーリンク

必要がなくなったiPhoneは売る

楽天モバイルでは、

「スマホ下取りサービス」を行なっています。

例:iPhone8では、256GBで良品なら9,450円の下取り価格です(21/06/23時点)

iPhone8の場合
スポンサーリンク

まとめ

オトクなキャンペーンを利用して携帯電話代という必ずかかる固定費を適正な料金で契約しましょう。みんながこれくらいだから…というのは一つの定規であって、絶対ではありません。自分が適正だと思うものを選択しましょう。

乗り換えは自由!かしこく利用しましょう

コメント

  1. […] お金の勉強 【楽天モバイル乗り換え実践】iPhoneからandroidへ〔AQUOS sens… […]