【メンテナンスほぼ不要】コンロ周り。実験結果アルコールスプレーボトルの収納はコレに。油ポットの棚やめました。

スッキリ暮らす
この記事は約4分で読めます。

除菌スプレー、どこの家庭でも必須になりましたよね。

以前から除菌スプレーを使用していたわが家ですが、置き場という置き場を決めてませんでした。やっと8年越しくらいに無事決定。

メンテナンスや、掃除などできるだけしたくない私の決め方も含めて紹介します。マグネットがつかない場所にも有効です。

あとは、コンロ周りと言えば油ポット。使わない家庭も多いかと思いますが、2回目くらいで無くなるので、わが家では使っています。 油を使うのでコンロ周りに置きたい…けれど、すぐ油まみれになる…。

難しいですよね。

ご参考になれば嬉しいです(*^^*)

スポンサーリンク

除菌スプレー収納に使うのは、何度でも貼ってはがせるフィルムリングフック

使っている方も居ますね。

強度が不安だったので、手が出なかった商品。

リングが吸着フィルムに付いているもの。

横にした時は1.5kg、縦にしたときにには2kgまで耐えられます。

説明書
スポンサーリンク

実際に使った場所はキッチンコンロの上の方

ここはマグネットが付きません。キッチンパネルを貼ってもらったので、てっきりマグネットが付くところだと勘違いしていた場所。

後ろのトングなどを引っ掛けているのはイケアのレールを使用しています。

リング幅が広いので、除菌スプレーは適当にポンッとかけてもかかります。

この高い場所にした理由は以下の通り。

  • コンロで油料理をしても油が飛ばない場所
  • 1歳になった息子が手の届かない場所
  • 揺れず落ちる心配がない壁(可動する扉は×)

ロックがかからない除菌スプレーも持っていたのですが、そちらは処分。

実は、その除菌スプレーに息子の手が届いてしまい、シュッと出て、子どもが苦しむ姿を見ています…。

アルコール中毒のような顔も赤くなり、救急に行くかも迷いました。

結果としては無事でしたが、その時生きた心地がしなかった状況は今でも何度も思い出すほど焼き付いています。

そんなこんなで、手の届かず安全なところに置くのが必須条件になりました。

メンテナンスはほぼ不要か

ここに貼り付けて約2ヶ月が経ちます。

途中で落ちることはありませんでした。耐久性もひとまずOK。

メンテナンスもほぼ不要で、コンロから高さをあげたのでギリギリですが油も飛んでくることはなし。

フィルムなので、フィルムのフチにゴミが入ったりすると取る手間はありますが、今の所気にならないので掃除はしてません。

重さへの心配については、スプレーを満タンにしたり、他の場所にあるスプレーを持ってきて引っ掛けたりしていました。500gくらいかな?あとは私自身がぐいぐい引っ張ってみたり…(*´∀`*)

それでも落ちることはなかったし、フィルム内の空気が多くなることもなかったです。

フィルム系はシンク内など水が常にかかるところだと、アカが付いてしまい使えないのですが(経験済)、キッチン壁で大活躍となりました\(^o^)/

なかなか良い商品と出会うことが出来ました〜(*^^*)

スポンサーリンク

よく油を使うわが家のポット下はコレで十分!

揚げ物を2、3日に一回ほどするので、油ポットをコンロ横に置いています。

シンプルなオイルポット。受け皿は使ってません

普段はフライパンで揚げ焼きですが、この揚げ物鍋は失敗なしの強い味方

見えますか?

実は下に敷いてあるのは、ラップとキッチンペーパーなんです。

100円ショップで一段の棚のようなものを置いてその上にキッチンペーパーを敷き、ポットを置いていたのですが、

なんせコンロ周りなので汚れる汚れる…(-_-;)

ポットを洗うのはわかるけど、なんで棚も洗わなきゃいかんの?

素朴な疑問と共に棚をやめました。

取り替えるときはポイッと捨てるだけなので、私でも続けられる!

家族内で1番面倒くさがりの私が続けられるのは大事。

管理費もラップとキッチンペーパー両方を取り替えても数十円で済みます。

スポンサーリンク

ドンドン住みやすく変えていきます

家のことを考える時間がなによりも楽しく、すぐ時間が経っちゃいます(*´∀`*)

そんな私の経験や工夫があなたの参考になれば嬉しいです。

クリックして応援してくださると嬉しいです(*´ω`*)

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

コメント