【おうちでのお金の教育】令和4年からお年玉教育はじめます。

お金の勉強
この記事は約3分で読めます。

お年玉、親に渡したまま・預かったまま放置してませんか?

スポンサーリンク

お金の増やし方を知ってほしい

2022年からお年玉を親に預けると、年末に残高の10%を子どもたちの口座(メモ)にキャッシュバックすることに決めました

これは厚切りジェイソンさんの考えに共感したからです。厚切りジェイソンさんは倹約家で(ほぼ使わない)、すでにfireを達成しています。

徹底的に計画を立てて行動されていて、仕事しながら土日はお笑い養成所に通ったりと、常に2つのチャレンジをしているのがすごい。

ちなみに子どもたちは小学一年の7歳、年中の5歳、1歳の3人です。まずは上のふたりに。

理由は次の通りです。

  • お金の使い方を自分で考えるられるようになって欲しい。
  • 複利の強さを(働くだけがお金の増やし方ではない)知ってほしい。
  • いずれはお金の管理が出来るようになれれば…

今の所、お小遣いはあげていません。

厚切りジェイソンさんは、自動販売機で子どもが買いたいと言ったとき、「今ここで買うと150円だけど、スーパーなら…」と説明をするほど。

私も子どもたちに常にしているので一緒〜!!!!と嬉しくなりました(^^)

スーパーでその時期に安いものや高いものも買い物に行くと伝えてます。

そんなことを言って恥ずかしくないの?(ここで買えないほどお金無いの?)みたいな考えもあるかも知れないですが、親の懐うんぬんよりも自分でそのお金の大事さや使い方をわかってほしい。

お金は無限ではないですからね。

時にはケチって言われたりしますが、それは違う。使い所を考えているだけです。

厳選して欲しいものはドンッと使うし、家族の記憶に残る体験や旅行には惜しみません。

↑もちろん定価ではなく、じゃらんじゃらん楽天トラベルなどクーポンやお得なものは充分に使った上でその時のしたいことをします

スポンサーリンク

私も勉強しなければ!

説明時はそのことを熟知していないと相手に伝えられないので、自分自身もかなり勉強しますよね。

英語を勉強しない親の元では、子ども勉強しようとは思わないですからね。

ちょっと考えることもあり、私は整理収納アドバイザーの資格を取得することにしました。

ユーキャンなら取得までに標準4ヶ月間なので、勉強している姿勢をみせるには良いと。

昨日届きましたよ〜(*^^*)
スポンサーリンク

教育は終わらないけど伝え続けていきたい

“教育”というほど出来てはいないけど、自分で生きていく知恵は伝え続けていきたいと思います(^^)

クリックして応援してもらえると嬉しいです(*^^*)
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

コメント