つっぱり棒×3Dで考える玄関収納。収納難易度高い長靴は前後で組み合わせる

スッキリ暮らす
この記事は約3分で読めます。

2ヶ月ほど前に変えた玄関収納。

横幅180cm、奥行きが35cmの収納です。

折戸なので半分に分けて使っています。

今回は右側のご紹介です(*^^*)

スポンサーリンク

左右を入れ替えてタイル側を靴収納に変更

もともと、

左右反対だったのを入れ替えました。

左にはネジやピン、取り扱い説明書や、工具類を入れています。

左側は後日ブログでご紹介しますが、だいたいはこんな感じ

このレジャーシートは大きく、丈夫で畳むのも簡単!ウッドデッキや公園でよく広げてます(´`*)
色あいが落ち着いた新色の「サンドベージュ」「スモークピンク」「スモークブルー」が仲間入りしています

子どもたちの靴は棚を新しく用意するのではなく

ダイソーの突っ張り棒二本と専用のつっぱり棒用の棚を使い、90cmの幅に奥行きが浅い棚を設置。

確か計400円プラス税で出来ました。

子どもの靴なら5足横並びで入ります。奥のつっぱり棒を手前の棒より高くすることで靴が見やすくなります(*´∀`*)

だいぶ前(一年?それ以上くらいかな)から使ってるので、耐久性は良い方だと思います。

そして、下の茶色の棚は、

ネジ止めをしてるわけでもなく、つっぱってるわけでもありません。

ちょうど捨てようと思ってた靴箱に乗せてあるだけ(^^)

実はこの棚は端材。

ここも見直したひとつの場所なのですが、PCコーナーの下の棚をカットしたものなんです。(ここもまた後日ご紹介します!)

数センチカットしたらぴったりで(笑)

大人の靴だと奥行きは足りませんが、19cmくらいの子どものものだとなんとか入ります。

長靴は収納に高さが欲しいものになるので扱いにくいのですが、この棚を使い、つま先の上部の空間を上手く活用することが出来ました(^O^)/

収納力もアップ!

靴が干渉しないのでいいのですが、奥のものを取り出しにくいので、季節外のものを置くようにします。

玄関には植物たちもいます
玄関の引き戸にもペタペタ貼ってます
ニッチにはニトリの小さなクリスマスツリー
スポンサーリンク

収納に終わりなし

本当は扱いにくい折戸の扉を外したいんですよね。ロールカーテンがいい。

扉自体が面倒に思える私は折戸を開けたそのスキマからモノを取るくらいなので…(*´∀`*)

だけれど、閉じたほうが綺麗に見えるし、なんとなく扉を含めたその雰囲気が好きなのでとりあえずは取るに至ってません。

ドンドン変わる子どもたちのサイズ。こういうこと考えるのも嬉しい悲鳴です(*´∀`*)

クリックして応援してくださると嬉しいです(*´ω`*)

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
ありがたや〜

コメント