【アップデート】キッチンの浅い引き出し。食洗機のタブレットはココにあると手順が省ける!収納用品の大きさや使い方に合わせた収納へ

スッキリ暮らす
この記事は約3分で読めます。

浅い引き出しで、キッチンワークトップのすぐ下にあるため、ゴールデンゾーン。

前回、アトピー体質改善のため子どもたちが毎日2回~3回飲んでいた漢方や、薬の収納場所から変更したよとお話しました。

そこからアップデートを行いました。

変えてから1か月が経ちますが、快適に使えています。

スポンサーリンク

パッと目には分からないかも…けれどほとんど変更

こちらがアップデート前 21/10/31のブログ写真です。

こちらがアップデート後

変えところをご紹介していきます。

バランや、研ぐときの補助クリップ、クリップ、缶切りは、セリアのアクリル収納用品「仕切り3TallTRAY」に立てて収納へ。高さが9.1cmなのですが、この引き出しはまだ余裕があります。

タレびんは多くは必要ないため3つのみにし、これまた100円shopの商品「冷蔵庫 ミニポケット2P」のひとつを使いました。

ラベルは側面だと見えづらいかな?と思ったのでクリップで上部に表示させました(*´▽`*)

ちょっと引くとこんな感じで、仮の状態から、各品それぞれの大きさや必要量に合わせたボックスにしました。

ストローと竹串は前回から変更していません。竹串の左にある黄色ののり用穴あけパンチと、型抜き(新たにセリアで購入)もアクリル収納用品「スタック小物ケース(2CASE)」を使用。

手前の白いボックスはニトリのブランシリーズのSサイズ。

スプーンと、引き出し手前のこちらは

ブランシリーズのサイズ違い。

間に仕切り板を入れてお弁当カップを2サイズ

実はこのブランシリーズの4つは、カトラリー収納でサイズ感の失敗から移動してきたもの。

半透明より白の方がスッキリしているので結果としては良かった…のかなと思うことにしています(・∀・)半透明のものについては出番待ちと他で使っています。

左側の包丁やキッチンハサミ収納には、セリアのdeskという本来は文房具収納で使用するアクリルの裏側に、透明な強力両面テープを貼り固定。

ここで紹介しています

こうすることで立てられるのと、他のものと干渉しないので取り出しやすくなります(^^)

最後はここ

1番食洗機に近いところに食洗機用のタブレットを。

横並びで食洗機の手前がシンクなのでシンクに立ったまま稼働できることになりました。

  1. 食洗機の準備が終わる
  2. 横から引き出しを開ける
  3. (フタを取り)ポンッと入れる

以前は食洗機の下に置いていたので

  1. 食洗機の準備が終わる
  2. 一度食洗機を閉める
  3. 下にある引き出しを開ける
  4. かがんで(フタを取り)タブレットを出す
  5. 下の引き出しを閉める
  6. 食洗機を開ける
  7. タブレットを入れる

4つの手順を省くことが出来ました(*^^*)

スポンサーリンク

使いにくいと思ったときが見直しどき

収納って終わらないですよね(^^)特にゴールデンゾーンは力を入れて見直したくなります♡

使いにくかったり、モノが溢れてきてしまったり、その状態を保てないときは何かしら手をいれるように。

といってもまだまだやりたいことはたくさん。

少しずつ けれど、確実に快適に…近づくよう考えていきます(*´ω`*)

クリックして応援してくださると嬉しいです(*´ω`*)

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

コメント