3人目が欲しいと思ったきっかけ

その他
この記事は約5分で読めます。

わが家は7歳長女、5歳長男、1歳次男の三人の子宝に恵まれています。

2人目を産んだとき、3人目は欲しいけど実際仕事を続けていけるのか、食べさせていけるのか、生活水準は…、充分な教育を与えられるのか…

などたくさんの不安がありました。

これは今でもあります。

ですが、

今は腹をくくっていて、子どもたちが巣立っていた時に「家族で一緒に大きくなれた」と思えるように成長したいと思っています。

3人産むと、「多いね!」と言われる世の中。

なぜ3人目を産む決断をしたのか書いていきます(*´▽`*)

スポンサーリンク

産もうと決めた理由

何個かあります。

ちなみに、もともとそんなに子どもは得意な方ではありません。

そんな私が3人もの子を持ちたい!と思ったんですよね。

人の子よりやっぱり自分の子が特別。

もう一度自分たちの赤ちゃんを見たくなった

一人目は新人ママとして、日々があっという間にすぎてしまいました。 

仕事も1歳で戻り、二人目を妊娠。

産休に入りましたが、一人目が2歳児であっても保育園は退園させられてしまいました

→競争力が高い所なので、戻ってこられる可能性はかなり低い。

せっかく転園届を出して4月から転園がかなったのですが、7月に退園。

結局二人目の育休明けでも競争力が高いところは入れず(2人ですしね…)

待機し、違う園へ入園することになりました。

その間、一人で2歳と0歳を見ていたのですが、まぁ…毎日必死でした。

2歳と言えば外で遊びたい・遊ばせて経験させてあげたい時期。

言葉も出て来て可愛い~~~~時期なのですが、日々を暮らすことに必死で。

ほとんど記憶がありません。

二人目の長男に至っては、動画が出てきて「おお、そんなことあったんだ!?」と思うほど。

私はHSPで神経質で完璧でなければ!と思うなので、記憶に刻めていない長男に申し訳ないな…と思うばかりです。(にたーって笑顔がとてつもなく可愛かったのは覚えてる)

そして幼い娘にも当たってしまうことも多い母です…。

上の子たちが少し大きくなり心の余裕が出てきた

息子が3歳になったくらいのとき、仕事も復帰して2年ほど。

ちょっと心の余裕が出てきました。

となると、赤ちゃんが(娘と息子に似た赤ちゃんがいいなぁ)欲しく考えるように。

ちょうど上の子が小学校に入学するタイミング

タイミングもありました。

ちょうど一人目の長女が5歳のときに産むことができれば、

うまくいけば心配な小学一年生の入学年、家にいて迎えることができます。

ここを狙いました。

結果家で娘を迎えることができています。

ランドセルはカラーボックスを倒して不思議な形で収納しています。

夏休みがあったりと、実際は二人とも保育園のが楽なんでしょうけど、

仕事を気にしながら有休を使うのではなく、

家で見られるチャンスを作れたのは後悔はありません。

私の年齢的に早い方がいいと思った

産んだときは32歳?33歳かな?

20代と比べて体力がないです。

一人目を緊急帝王切開、二人目を自然分娩で産んだ私は、

分娩にかな~り時間がかかるようで、二人目は25時間、三人目は24時間。

三人目なんて「もういつでも生まれて良いよ~」って言われてから(ほぼ全開)5時間( ◠‿◠ ) 笑うしかない。「あとは赤ちゃんのやる気次第ね」なんて言われてました。

早く出てくれい。

二人目の出産直後はトイレに行ったら気を失ってました。しかも二回(助産師さん駆けつけてくれてありがとうございます)。三人目は気を付けて横になってました。

それだけ出産は20代でも体力が削られるということ。

でも出産で終わるものではありませんよね。育児は出産が始まり。

一緒に遊ぶにも体力が要るので早めがいいなと。

夫が育児・家事に協力的

夫のが家事力高いのでは?というほどのわが家です。

一人目が生まれたくらいのときは、

はじめての育児で必死な私に対して、ただいまの一言の次に出た言葉。

(え…部屋掃除すらしてない、洗濯も干したままじゃんという表情)今日一日なにしてたの?

をぶっぱなした夫です。

この時は大学で一人暮らししてたのに年中吉野家・すき屋・ジョイフルで外食ばっかりで家事せずなおっとでしたが、今や料理以外はお手の物。

いやぁ指示・お願いをし続けて、更には大変さもずーっと伝え続けてきてよかったと思う。ほんとに。

(私ってくどいんです、でもコレ大事。数年経てば人って劇的に変わる)

私が料理していれば、洗濯ものを畳んでくれるし、お風呂だって洗ってくれる。

唯一、シンクを洗わなかったり、トイレや洗面台の水回りは苦手で避けますし、隙あらば昼寝するのですが、夫が家事育児に協力的ではなかったら、絶対3人目を産もうなんて思わない。

ワンオペの3人、フルタイムは無理。

全部シンクから撤去して洗いやすくしました
スポンサーリンク

経済的には不安もある

では金銭面で不安はなかったか?と言われたらそんなことはありません。

不安だらけです。

今は、毎月の夫の給料と、私の育児休業給付金でトントンくらい…。

フルタイムに戻れば問題なし。

だからジュニアNISAはやるし、子ども達にお金の増やし方も伝えています。

(二人目の息子は上手ですが、娘はあればその時使っちゃって後からあれが良かったなぁと言うタイプ)

わが家がフルタイムで二馬力なので、このままいけば問題はなし。

私は働くことが好きなので職を失っても何とかやれるでしょう(*´▽`*)

スポンサーリンク

3人は多いとは思わない

むしろ、身体がもつなら・経済的にいけるなら何人でも子どもは居てもいいと思います。

めちゃめちゃイライラしちゃうときもあるし、家事は適当になるし、キャリアだってエスカレーター式ではなくなるけれど、子どもは宝。本当に宝です。

経済的に3人が限界かな…(-_-;)

フルタイムを選択しているのはお金もありますが、夫の協力もあるからですね。

画像をクリックして応援してもらえると嬉しいです♡

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

コメント