フルタイムを選択した理由

お金の勉強
この記事は約3分で読めます。

周りでも共働きが
多くなってきたな~
と感じてる人は少なくないのでは
ないでしょうか?

実際、

国のデータでは共働き世帯は
全世帯数の約65%(※1)。

※1厚生労働省HP
   平成30年調査データ
 「図表1-1-3 共働き等世帯数の年次推移」

今や3組中2組が共働きの時代なんですね。

実は、

約65%が共働きという数字は、
子どもがいない・夫婦だけの
世帯も入った全体なので、

子どもや、更に小さな子が
いる世帯では、

その割合はガクッとさがります。

そして、わが家は夫婦共に
フルタイムを選択を
しているんですね。

共働き全体の内、約15%くらいの珍しいタイプのようです。

3人目を産もうと思った理由
スポンサーリンク

フルタイムで育児も家事もって大変?フルタイムの理由はなに?

周りでよくかわされる

「子ども小さい時にフルタイム
 ってどう?大変じゃないの?」

この質問について
ちょっと考えてみました。

お金が足りない

まずはコレ 笑

マイホームは土地から購入し、
フルでローンを組んだので…。
また、夫と私は収入が同じくらいの為、一馬力では収支マイナスになります。
育休中は正直マイナスうん万円。

家事が苦手

汚部屋の頃と変わっていない所、
「掃除・洗濯・見えない家事・片付け」出来ればしたくない。
好きなのは料理すること。だけ…

夫と同じ土壌に立つから
完璧じゃなくてもいいよね?
それか家事半分でという。

働くことが好き

単純に働くのが好きです。
そりゃ自分の好きなことをして
暮らすことが出来たらいいけれど、
そうはいかないのが現実。

でも、働くことは苦痛じゃない。
反対に、家にいて完璧に家事育児をこなしなさいという方が無理。

好きな物を買いたい

夫に気兼ねなく、自分の稼いだお金で、
自分の好きなことに遣いたい。
それは、収納用品も大好きな植物も、
庭のDIYもそう。

【買えない】ではなく
【買わない】という選択をしたい。

夫の理解がある

仕事楽しい私に対して理解があります。
そしてこれまでの経験からキャリアは
(会社は残業が出来・育休がない・子ども理由などで
 休まない人を大切にしがち)
望んではいないのですが、

独身時代や、妊娠中でも月に何十時間と残業していても楽しかった。

そんな私に対して「二馬力はありがたい」と言ってくれます。

夫の協力がある

協力なしにフルタイムはちょっと…
ワンオペって本当時間ないですよね。

2020年に、3人目を妊娠中、一年近く
ほぼワンオペで過ごしましたが、
毎日寝かしつけで寝落ちでした。(今もだけど)

話せる人、お風呂上りに子どもたちに
保湿を塗ってくれる人がいるのって嬉しい。

私はありがたい事に夫の協力あり。

…が!!

子育て時代(6歳未満)の家庭での夫の育児家事時間は他の先進国に比べて低水準のままなんです。

夫が1時間23分/日に対し、
妻は7時間34分。

※令和2年度版厚生労働白書 本編図表バックデータ

夫短くない!?というか
妻しすぎじゃない!?

妻の7分の1しか
参加していない、
または出来ていないということですよね…。

他の先進国だと、
妻の時間に対して
夫は2分の1から3分の2程度。

日本も進んでほしい限り。

雇われ側だけ変わろうとしても難しい話。

会社も変わるのが大事ですよね。

スポンサーリンク

私のフルタイム理由まとめ

1.お金が足りない
2.家事が苦手
3.働くことが好き
4.好きなものを買いたい
5.夫の理解がある
6.夫の協力がある

これからも楽しく働いていきたいです。

画像をクリックして応援してもらえると嬉しいです♡

にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

コメント