年間2万円の節約ができる、火災保険の見直し方法

【私の実体験】汚部屋あるある/部屋で起きたこと

結婚するまでの間、汚部屋でした。

もちろん、足のふみ場はありません( 一一)
片付けても1週間持てば奇跡です。

あれから8年が過ぎ、
今では、
まぁまぁ見れるお家になったと
感じています。

あの頃に戻りたいかと
言われれば
絶対やだ。

考えただけでゾッとします😇

別になんとも思ってなかった
あの頃。
今思えばとんでもない
ヤバさだったなと思うことを
書き出してみました。

タップできるもくじ

汚部屋あるある、部屋で起きた体験

1.基本、私のモノで足の踏み場はない
 →妹との二人部屋は、
  モノで溢れかえってました。
  妹はめちゃめちゃ迷惑がってましたね…
  (ごめん)
  9割衣服、残りはペットボトルや
  紙類・漫画など。

2.干しても洗ってもない布団
 →10年くらいは記憶にもない。
  ホコリはすごかったし、
  ダニの温床にも
  なっていたと思う。
  本当にゾッとします。

3.画びょうを踏んでもだえる弟
 →9歳離れた弟に
  この間カミングアウト
  されました。
  「部屋に入って
   二歩で画鋲を踏んだ」
  これはもう事件です⚠️

4.ゴキさんとは共同生活
 →ほぼ毎日出てきてましたね。
  夜中飛ぶ音とかすると、
  顔に来ると嫌だから
  布団被って寝てました。

  今の家で見たことは
  ありません😌

5.アリたちが行進
 →室内に行列ができていて、
  辿ってみると
  アイスの棒にたかっていた事件。

6.ベッドのすき間には漫画がギッシリ
 →好きなものは手元に
  置いておきたい。
 (そういうことじゃないよね)
  寝ることがなによりも好きな
  私にとって楽🥰

7.服のポケットから…
 →まぁ、ポケットティッシュやら
  リップやらいろいろ出てくるよね。
  探し物をするときには
  確認すべきスポットでも
  あります😊

8.濁った液体化のペットボトル
 →ちょっと固形化していることも…。
  そして危険信号である
  膨れ上がっているものもあります。

9.足音におびえる
 →コレ、私だけなのかな?
  実家暮らしだったので、
  年に何回か
  しびれを切らした母が、
  ごみ袋を持って部屋に登場!

  子ども部屋は二階にあったので、
  階段をのぼってくる足音に
  おびえていました…
  (足音で親が怒っているかどうか
   がわかる)

まとめ

【汚部屋で起きた実体験】

  1. 私の物で足の踏み場は無い
  2. 干しても洗ってもない布団
  3. 画鋲を踏んでもだえる弟
  4. ゴキさんとは共同生活
  5. アリたちが行進
  6. ベッドのすき間には
  7. 服のポケットから
  8. 濁った液体のペットボトル

インスタでは前編と後編にわけていましたが、ブログではひとつにまとめました。

子どもたちには私のように苦しんでほしくない

あれから8年ほどが経ち、
今では子たちの片付けへの姿勢で
「あぁこの子私に似ちゃってる」
と気づけるようにもなりました。

あの頃の私のようになってほしくない。
考えただけでゾッとしますね(-_-;)

モノは本人が管理できる量だけ持たせようと
考えながら日々過ごしています。
出来ないときも多いけれど少しずつでも変わって貰えれば…!

当時お付き合い中の夫には、
絶対部屋は見られてはいけない。
(別れる・結婚がなくなる・嫌われる)

ちょっと見てみたくなって、
部屋を覗こうとする夫を
必死で阻止していました( ◠‿◠ )

(私の母から当時の夫に、
「本当に汚いからね。大丈夫かしら」
と、念をめっちゃ押してましたね笑

インスタはこちらです  → @meko_kurashi

家事が苦手な人に読んでほしい

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ウッドワンキッチン7年目のキッチンメインに家を建てたヘンタイ。子ども3人(1.5.7才)フルタイム。植物に癒やしを求めて200種類以上。
カインズのWEBメディア「となりのカインズさん」のライター/整理収納アドバイザー

コメント

コメントする

タップできるもくじ